« アイカツ!第116話『大空JUMP!!』の感想 | トップページ | 蒼穹のファフナーEXODUSの感想 »

2015年2月18日 (水)

アイカツ!第120話『スター☆バレンタイン』の感想

バレンタイン回ですがこの作品にしては珍しく、四ツ葉さんをメインに据えた男性メインのお話だったように思います。
次回からきっと虫シ歯さんになってるであろう四ツ葉さんは元アイドルだったとか。
ポジションのわりには出番が多かったのでもしかしたらデザイナーなのかな?
とか思ってたんですけど、アイドルの方でしたか。なるほど。

男性陣の出番といえばジョニーはもちろん、涼川くん、らいちも出ました。
そしてバレンタイン回なのに姿はおろか、名前すら出ないのが瀬名くんである。

バレンタインなのに一個もチョコもらえないイケメンデザイナー奴~wwwwwww

スターライト学園に届いた大量のチョコ。
在籍する全アイドル分となればどう見ても食べきれない量であるそれを、それでも全部ちゃんと頂いてますとファンに伝えるというのが今回のイベントだったようで。

どうするのかと思えば、それらのチョコを合体させてチョコタワーを作ろうとのこと。
ファンがくれたひとつひとつのチョコを合体させる?
なんか異物混入とかが目じゃないぐらいに成分が凄いことになりそうですけど、そういうのは考えないようにしよう。
食べ物って、結果的に健康を害することなく、美味しく食べられてかつ栄養を摂取できれば、その飲み下したものがなんであったところでノープロブレム系のものなので。知らないほうがいいこともある系なんだからね?

それはともかく。
完成したチョコタワーの大きさを見る限り、やっぱり食べきれそうにないと思ったの。
でもこの作品が食べ物を粗末に扱うはずがないよね。
チョコはきっと、地球が食べたんだね。

一応たくさんのチョコを貰いながらも学園長がチョコをくれる素振りを見せると欲しがるジョニー。

ジョニーと学園長ってこんなふうに傍目からは夫婦漫才をしているように見える空気を出していますけれども、これまでずっと見ているとジョニーの方は一歩引いた態度に見えるような気がしないでもないです。
彼にとっては決して手の届かない高嶺の花として学園長を見ていそうだな~と個人的に。

マスカレード時代から振り付け師としてかかわってきて、仕事ではずっと対等の立場としてやってきたけれど、多くの人々を虜にする生ける伝説をずっと間近で見てきたせいで、親しみよりも憧れの方が強くなりすぎたとか。
だとすると今回貰ったチョコも自宅で永久保存していそうです。

そして学園長がもっとおばさんになった頃、たまたま結婚に関する話題になったときに、
「こんなおばさんもう誰も貰ってくれないわよ」
と笑っておどける織姫学園長に対して、
「そんなことはありません」
と強く否定するジョニー。
そして彼は懐から古いチョコを取り出し、すっかり賞味期限の切れているそれを一口かじる。
「貴女はこのチョコのように、何年経っても変わらず美しく、美味しい」
とプロポーズする。

そんな未来を夢見ながら日々普通に過ごすジョニー、まで想像した。

いちごちゃんにチョコを貰ってデレデレしているあかりちゃんを物陰から見つめるスミレちゃん。
あっ、こわい。

仲良しでいられるのも今のうちだよ。
とか笑顔で言いそうな雰囲気でしたが、すぐに他のみんなが現れたので何事もなく済みれちゃん。

でも後日みんなが見ていないところで放水が行われる可能性も否定できない。

最近は女子アイドル同士でも友チョコを送りあうのだと、作中でひなきちゃんが言及していましたけれど。
しかし送り主のどちらかは友チョコのつもりじゃなくなくもなかったりする可能性が血を吸うわよ。

|

« アイカツ!第116話『大空JUMP!!』の感想 | トップページ | 蒼穹のファフナーEXODUSの感想 »