« 咲-Saki-身長雑感 | トップページ | アイカツ!第62話『アイドルはサンタクロース!』の感想 »

2013年12月15日 (日)

アイカツ!第61話『キラ・パタ・マジック☆』の感想

ポヘにちは!
ついに【クルクル】そらちゃん【キャワワ】のデビュー回でありますよ。
どんな電波かと思いきや、自由をモットーとしているような子だけあってふわふわはしているものの、かなり落ち着いているまともな子でありましたね。その控えめな性格に伴ってお話の方も派手さはありませんでしたが、初回からそらちゃんについて、比較的じっくり語られたことは良い掴みだったと思います。
クルクルキャワワなどのキラパタ語に関しては、幼い頃に出会った師匠みたいな人の影響で自然と身についてしまった口癖という感じでしょうか?
料理をしているときの鼻歌と同じようなものではないかと。

それはそれとして。
特に高みを目指すわけでもなく、作りたい物を気ままに作っていたらティアラ学園長の目にとまって自分のブランドをデビューできるところまで来てしまった。
セイラちゃんときいちゃんに続いてこれまた才能の塊のような子ですが、ただ、デビューしたとはいえ他のデザイナーに比べればいまだ未成熟なところが多数あると思われるので、彼女がドリアカでの蘭ちゃんポジションになる可能性もなきにしもあらず。
今回そらちゃん自身も不安を抱いていたように、全て自由に作れていたときとは違って、仕事としてやるとなると時間などに制約が生じるわけで、作らなければならないのに作れない、スランプに陥る可能性は十分にあるのですね。
なのでドリアカで挫折に近い壁を描くならば彼女かなと。
登場人物が総じて成功してばかりだと成功が軽いものになってしまって感動も薄れてしまうので、成功を引き立てるために、そろそろドリアカ側にも影が必要なのではないかなと思ったのです。

一期の頃のスターライト学園には蘭ちゃんという敗北に愛されたアイドルがいましたから、それによってこの作品には珍しい、暗めの空気の回とかもありましたよね。
今思えば、一話一話のお話の主役を誰が担当するかによって感じられる空気が違っていたのかもしれず、そういう点で一期のお話はバランスがよかったのかもしれません。
山あり谷あり崖ありのアイドル活動を、ドリアカにも期待したいところです。

ときに蘭ちゃんといえば今回の最初の方で、セリフが無いからそのときはそこにいなくてもいいはずなのに、だから何? と視聴者に言わんばかりに、いちあお部屋のベッドに座っておりました。
いちあお部屋のマスコットキャラのお仕事おつかれさまです!

そらちゃんはきいセイと並ぶと身長が一番高く見えるんですけど。
その名前の通りに青空を突き抜けるような大巨人……というほどではもちろんないものの、なんか妙に体格いいですよねそらちゃん。
幼女時代の回想から戻ると、そのガタイの成長ぶりにびびりました。
でも体格のいい子、いいと思います。いいと思います。

二枚目のアイキャッチの挑発的なポーズには吹きました。
以前からオープニングでも自信家っぽいポーズを見せてはいましたが、やはりまだ本格登場一回目なので、彼女の性質の全てを推し量れはしませんね。
他の子との絡みで初めて表出する個性もあることでしょうし、意外とスターライト学園の誰かと犬猿の仲になったりする可能性もなくもなくもそれはないわね。

ちなみにだいぶ前、スワロウテイル回で蘭ちゃんとユリカちゃんの仲が悪かった(というほどでもないですが)ときの関係がかなり好きだったので、登場人物の仲の良さが魅力でもあるアイカツとはいえ、あれぐらいの衝突なら自分は大歓迎ですよ。

そらちゃんはデザイナー寄りのアイドルということで今回の3DCGステージも歌わない形式のファッションショーになるかと思っていたのですが、今回は歌いながら前進していくスタイルでした。
3Dモデルはもはや極みの域なので、口パクによって歌わせる演技が加わると歌っている感が様になっていて、やはり一線を画した印象を受けます。
アイカツの3DCGステージは毎回凄いなと感じていますが、今回はまた演出が変わり種なこともあって特別に感じましたね。
どれが天秤座の星座アピールなのかわからないぐらい始めから終わりまで幻想的な、趣向を凝らしたステージの魅せ方。これまでにない演出に、これまでにないジャンルの曲。
曲の方もかなり癖があって、初回は耳が対応できませんでしたが、二回目聴いてみるとなんとも癖になりそうな味です。
大衆向けではないでしょうけど、アイカツのこういう尖り方が好きですね。

それにしても自分で星座ドレス作れるとかずっこい。

らいち爆発しろ。

次回はクリスマス回?

なんとヒカリちゃんが出る……!
スキー場の上級者向けコースのような急角度のタレ目があいかわらず愛しいものです。
登場人物が多そうなので時間的余裕はなさそうですが、
蘭ちゃんとの絡みを期待しても、
よ、ろ、し、い、の、で、し、ょ、う、か。

|

« 咲-Saki-身長雑感 | トップページ | アイカツ!第62話『アイドルはサンタクロース!』の感想 »