« アイカツ!第44話『モア・ザン・トゥルー クライシス!』の感想 | トップページ | 『咲-Saki- 阿知賀編 Portable』の雑記 »

2013年8月28日 (水)

アイカツ!第45話『ハピサマ☆バケーション』の感想

かーわーいーいー。
なんて一言で表せてしまえそうな、教訓的なものが特にない、とても割り切った水着回。
ほぼ最初から最後まで水着姿なのがさすがでございました。
さらには勢い余って学園長の水着姿まで、とは……。

しかしながら印象としては実に普段着のような自然さ(学園長を除く)。
水着なのでいつもと比べれば露出度はずっと高いのですけど、ヘソ出し程度ならばステージ衣装でもあったりしますし、スカートだって短めだったりするので、その影響でしょうか。総じていかがわしい空気は醸されず、好ましい水着姿であるように感じられました。
そして着る物が違うだけでなく、一部の子は髪型も違いました。
かーわーいーいー。
今回だけじゃなくってトレーニングなどの際にも違ったりしてますけど、こうやって自然にさりげなく髪型や服装が変わるのって好きなんです。

そんな感じで今回はかわいいがメインのお話でしたが、とはいえかわいいだけというわけでもなく。
月影さんがいい人すぎて泣けましたね。

すごくいまさらだとは思うんですけど、美月ちゃんって月影さんに対しては「ほのかさん」呼びで、さらにはいわゆるタメ口で話すんですね。
そこに気が付くと、ところどころのセリフがえらく可愛く感じられます。
サイン曲がるよ? とか。
単純に親しいというよりは、月影さんがお姉さん的な存在なんでしょうね、たぶん。
美月ちゃんが唯一甘えられる存在、みたいな。

月影さんの方も、表情からはなかなか読み取れないですけど、内心では美月ちゃんのことを溺愛してるんだろうな~っていうのが伝わってくる回でした。

水着のさくらちゃんをカメラで撮ろうとするとき、「蘭も入って」とさりげなくツーショットに持っていくあおいちゃん。
どうやらあおいちゃんは自作相関図のさく蘭の間にハートマークを書き込みたいようです?
紫吹さくら……北大路蘭……。
うーん……。

ところで北大路さんって、キタオおじさんって表記すると、なんだか見間違えませんか。
地元の名物、キタオおじさんは、筐体周辺の守り人である。みたいな。
キタオおじさんは見た目の清潔感や体臭にも大変気を使っており、正義感が強く、誰にでも優しい、人畜無害かつ頼れる人物です。
けれどもその容姿は極めて威圧的なので超こわい、という台無し感。

10キロ泳げるらしい蘭ちゃんと水泳が得意らしいユリカちゃんは遠泳デートができそうですね。
近頃では一緒に出番があってもほとんど絡まないので、ちょっと寂しいユリ蘭ですが。
代わりに今回は超レアカプである「イカ×蘭」がありました!
う~んレア。
こっちはこっちで遠泳デートができそうです。
蘭ちゃんが生きて帰れない気がしますが。

今回の3DCGステージはメンバーが揃っているのでスターアニス!
は、よいのですが、衣装は水着ではなく。
オフで来た普通のプールに、なぜかアイカツシステム完備という非常事態。

なんでですか(真顔)。

美月ちゃんからのいちごちゃんの呼び方がついに「いちご」になりました!
いくら関係が深まっても、ユニット結成などの特別なきっかけがなければ呼び方を変えられないような不器用な子なんじゃないかと思っていましたけど、そんなことはなかったようで。

しかし本当は「星宮」と呼ぼうとしていたところを、今までずっと心の中では「いちご」と呼んでいたから、ついうっかりそう呼んでしまった、という可能性もなきにしもあらず。
だとしたら次は「いちごたん」って呼ぶかもしれないので要チェックですね。

美月「いちごたん☆ らぶゆーです☆」

歳考えろよ! あ、大丈夫か。
いや中学生でも普通はアウトのような。
おとめちゃんが特別なだけだから……。

空から美少女が降ってきた回以来の久々の、かえでちゃんのKISSネタが優勝商品としてありましたね。
ぜひそのまま挨拶と称して、いちあおたちのチューも推進していただきたい。

ところで美月ちゃんからのチューはともかく。
美月ちゃんへのチューは、普段やっても怒られることなく受け入れられそうですが。
どうなんでしょう?
まあ、どうもこうも、かえでちゃんがもう済ませているので、そういうことなんでしょうけど。

美月ちゃんがスタアニメンバーから代わる代わるほっぺちゅーされて嬉しくも困ってしまっている場面を見る月影さんの顔はぜひとも見てみたいものですね。

それとあのプールの水はいつ販売予定でしょうか?

|

« アイカツ!第44話『モア・ザン・トゥルー クライシス!』の感想 | トップページ | 『咲-Saki- 阿知賀編 Portable』の雑記 »