« アイカツ!第42話『船上のフィナーレ☆』の感想 | トップページ | 『シノハユ the dawn of age』第0局の感想のようなもの »

2013年8月12日 (月)

アイカツ!第43話『不思議の国のアイドル!』の感想

スターアニスの活動が一段落したことで、これからはそれぞれのユニット活動がメインに描かれていくようでして。

今回がしおんちゃんの回であることは前回の予告の時点でわかっており、この回は恐らくぽわプリの三人がメインの回になるのだろうな~と予想してしました。
大チャンスであるスターアニスへの参加を辞退して夢に突き進むしおんちゃんであったが、壁にぶつかることで迷いが生じ、そんなところにしおんちゃんとは全く違うタイプであるおとめリーダーが、リーダーらしさを発揮して壁を壊すヒントを(結果的に)与えるのだろうな、などとも想像していました。

いちごちゃんたちにも出番はあるだろうけれど、トライスターはさすがに忙しいだろうから、仮に出番があったとしてもちょい役で、さらに他のユニットとの絡みはないだろう。
そうして登場人物がやや少なくなる分きっと、おとめリーダーとさくらメンバーがお送りする、ぽわプリらぶゆー劇場が濃厚になるのではないかなとぽわぽわしていたら。

スターアニス全員同時出演という、意地でも展開を読ませてやらないぜ☆
みたいな予想クラッシャーぶりを披露するこの作品。
なにか本当にそこんとこ拘りでもあるんでしょうか?

スタアニ以外の子が主役の回なのにスタアニ8人全員が出演ですよ。
オーディションはすでに一次の面接と二次のカメラテストが終わっているとはいえ、
スターライト学園以外の子も参加しているアリス役のオーディションで、参加者以外の配役をスターライト学園の子で固める学園長と監督、容赦ない。
とはいえ選ぶのは映画を撮る監督自身なのだから、このオーディションに至るまでにその子にしようと半ば決めていたけれど、ひとつだけ課題があったので最後のテストとして今回のオーディションに挑んでもらった、という事情ならば特別おかしくはなかったりしなくもないんじゃないでしょうか。
もしそれで監督の希望通りの結果が出なかった場合は、他のオーディション参加者にチャンスが回ってくるということで。
いずれにしても最終的には監督の一存なのだから、問題ないっちゃないですね?

審査用に出演する役者が全員風邪でダウンした(驚愕)とのオーディションに、代役としてスターアニスが全員そろったわけなんですが。
トライスターがオフだとしても、ソロでも仕事入ってそうな美月ちゃんまで出ているとは、若い子に混ざりたい感が必死すぎてちょっと自重しろと言ってしまいそうです。
スターアニスとしての活動とメンバー内での関係が彼女の予想よりもうまくいったんで、8人での活動が気に入ってしまったのかもしれませんね。
やだやだ私も星宮たちとお仕事したい! って学園長にお願いしたとか?
えっ。
それはない。

トライスターのスケジュールの多くってそもそもメンバーが決まる前に決まっていたもので、美月ちゃんが出ることだけは確定していたものの、あとの二人は美月ちゃんが選ぶような人物であれば誰でもよかったわけで、ある程度は融通が利きそうな気もします。
忙しいは忙しいのだろうけどその予定は学園長あたりが決めたのだろうし、学園長が変更を決めるならどうとでもなるのかもしれませんね。
ただ少なからず現場には迷惑がかかるだろうに、どんだけ力あるんだあの人……。
スタアニメンバーが出られなくなった仕事には学園長のオススメアイドルが代わりに入ってたりするんでしょうか。
ああ、スターライト学園の犬である涼川くんが女装して代わりに行ってる可能性もありますねえよ。

さてしおんちゃんの壁の話です。
立ち塞がるのはやっぱり物理的な壁であった。
果たして彼女はその壁を壊すことができるのか!(言葉通り)
女王役の美月ちゃんがいきなりゲートボール的なハンマーでボールを壁にめり込ませ始めたときには何事かと思いましたけど、実はあれって元ネタの「不思議の国のアリス」では不思議でもなんでもない、普通に出ている遊びのようなんですよね。
ゲートボールではなく、その元になったクロッケーというものなのだと、ネットで情報を見て初めて知ったのですが。
クロッケーをちょこっと調べてみると、まさしく作中でやってたあの遊びそのものの説明が書いてあったわけで。
まあ壁を壊したりはしませんけど……。
なので、愛情表現のへたくそな美月ちゃんが後輩たちともっと仲良くなるために、いきなり全力で力の誇示を始めて「どう? すごいでしょう? 仲良くなりたくなっちゃうでしょう?」みたいな明後日の方向に走った場面ってわけじゃなかったんですよね。
クロッケーの知識なしに見るとルールがわからないから壁を壊せば勝ちなのかと思いがちですが。
いや、結局作中ではそうでしたけど。
あれ、クロッケーって壁を壊したら勝ちなのか……(混濁)。

アイカツはわざわざアリスをやらずとも、そもそもが不思議の国であった……。

ところでクロッケーってなんか鳥の鳴き声みたいですよね。
ニワトリ「クロッケー!」

あとさくらちゃん悪そうな顔似合うなーと思った。
木になったジョニーを指して、
さくら「あんな姿になってもよいのですか?」
の場面ですけど。
あの顔をマスターすれば人気爆発ですわぁ……。
さくらちゃんはおとめ先輩に師事して順調に育っている感がありますね。
実家は泣くかもしれないけれど。

蘭ちゃんがほぼいちあお部屋に住んでいることは、多くの視聴者がすでに当たり前の光景として認識していることと思われますが。
こういうのを半同棲状態っていうんでしょうかね。
もう本当に一緒の部屋で暮らせばいいのに。
とは思うも、三人分の荷物を置くとなるとスペースが厳しいのか。

ベッドの上でいちごちゃんと一緒に座り込んでいる姿とかめちゃくちゃ可愛いと思うんですよ。
もうなんでも可愛く感じるから単なる贔屓目もありますけど。
三人の中では一番背が高くて一番大人っぽいのに、実は一番甘えん坊ってところがとてもずるい。
体の成長に心が追い付いてない感じでしょうか?
内面が(穏やかじゃない方向に)成長していて余裕のあるあおいちゃんに普段いじられるのも道理です。

とにかく蘭ちゃんが可愛すぎて、美しき刃はもはや可愛い刃です。
たぶん可愛いイラストが印刷されたA4コピー用紙ぐらいの切れ味だと思います(わりと切れる)。

次回予告。

ようやく涼川くんが本業の顔を見せるであろう回がやってまいりました。
恐らく掃除のお兄さん「でしかない」と思ってる視聴者も多いと思われる掃除のお兄さんです。
ほうきをギターに持ち替えて、みたいな回になるのか、なんなのか。

よく考えてみるとアイドルのお話じゃないから次回はアイカツじゃないのか……。

|

« アイカツ!第42話『船上のフィナーレ☆』の感想 | トップページ | 『シノハユ the dawn of age』第0局の感想のようなもの »