« アイカツ!第41話『夏色ミラクル☆』の感想 | トップページ | アイカツ!第43話『不思議の国のアイドル!』の感想 »

2013年8月 6日 (火)

アイカツ!第42話『船上のフィナーレ☆』の感想

何気ない一言でチームの空気を悪くしてしまう蘭ちゃんかわいい!
トライスターにいた頃の困ったちゃんぶりは今回の比じゃなかったですけど、もしや、さりげなく蘭ちゃんが逆ムードメーカーになりつつある?
考えてみれば1話からそんな子だった気もしますね……。

さて今回は、抽選で当たった50組100名のお客さんと一緒に、東京に着くまでの船の旅だったわけですが。
スターアニスからそれぞれのユニットに戻る境目のお話であり、8人で活動するユニットはこれで解散してしまうものの、メンバーの気持ちがおおむねさっぱりしているおかげで、寂しげな印象のない、比較的ゆるゆるした回だったと思います。
一人だけ寂しがってるいちごちゃんを励ます蘭ちゃんを見ていてなんとも言えない気分になりました。
ちょ、おま、美月ちゃんの前でそれ言えんの?

そんなこんなで今回最も気になったのは蘭ちゃんがどこで寝たのか、です。
船でスターアニスに用意されていたのは二人部屋のようであり。
いちあおが同じ部屋。
かえでちゃんとユリカちゃんも同じ部屋。
おとさくも同室っぽかったので、残りは美月ちゃんのみなわけですが。
そうなると蘭ちゃんは一人で寝るか、美月ちゃんと同室になるわけですよ。
どうしてそんなことに……。
美月ちゃん、蘭ちゃんと二人でゆっくり話したくて同室にしてもらったとかかなー。
トライスター脱退からまだ二人きりでじっくり話せる機会って作れてなさそうですもんね。
いきなり二人きりというのは抵抗があったので、まずは旅館でみんなで同室など、ツアー中に徐々に慣らしていった末の、勇気を出した行動だったのかもしれません。

現在の蘭ちゃんに対する美月ちゃんの気持ちとしては、元気な顔を見て安心しているような様子も見られますし、その状況を好ましいとは思っているようです。
ですが、内心複雑である可能性は十分にあります。
自分では元気にさせられなかったことに、自分は蘭にとってそういう存在にはなりえないのだと、少なからず傷付いているかもしれませんし。
トライスターのオーディションで選んだことで、結果的に蘭ちゃんの経歴に傷を付けてしまったことに責任を感じて気に病んでいるかもしれない。
仮に今回同室だったとすればそれは、脱退の件で気まずさが生まれてしまった関係を気にして、わだかまりを消すために一度しっかり話そうという彼女なりの配慮だったりとか?

うーん。そこまでは描かれていないからわからない。

とりあえず二人部屋で妙にそわそわしてる美月ちゃんは妄想できました。
話を切り出したいけどタイミングがつかめない、みたいな。

今回も良いあお蘭がありましたねー。
いちあお蘭の三人で部屋にいるとき、
明日のプランを練るため自分の部屋に戻ろうとする蘭ちゃんに続いて、
レストランに寄るから一緒にと、蘭ちゃんの肩に手を乗せてあおいちゃんがスキンシップ。

蘭「なんだあおい。もうおなか空いたのか?」
あおい「ちがいま~す」

ここラブラブすぎて、夜の街に消えてゆく二人が見えた。
美月×蘭は遅すぎたんだ。
あおいちゃんいわく「いいファンサービス思いついちゃったんだ」とのことですが、この場面そのものがあお蘭好きへのサービスだったのではないでしょうか。
ごくごく短いやりとりなのにこれだけ穏やかじゃない雰囲気を演出するとは。
さすがあおい姐さん。大きいお友達の扱いも心得ていらっしゃる……。
なるほど小さいお友達のらいちが夢中になるわけです。

ユリカちゃん夜の船上に立つ。
強い風に吹かれつつ、やってきた客を怖がらせる。

ユリカ「あははは、ユリカ様に裏も表もあるものか。我こそは不滅のバンパイア、藤堂ユリカ!」

アイドル活動とオフの素顔があまりにかけ離れているアイドルは云々、といった学園長の言葉を受けての言動と思われますが。
そういうの関係なしに楽しそうです。
一人遊びが得意だからトライスターでもやっていけるんですね!!!

怖がって逃げたお客さん二人は、他の子のファンだったのかな。
それとも夜のユリカ様に会ったら怖がって逃げるのがユリカファンとしての務めだったのか。
しかし普通に考えるといくら吸血鬼キャラがうまかろうと、それが(一見非力そうな)美少女であるなら怖がって逃げるとかちょっと考えにくいんですけど、ユリカちゃんのアイドルオーラには対象を恐怖させるような効果でも含まれているんでしょうかね。
もしくはやっぱり、怖がる=ファン、なんでしょうか。

ユリカちゃんが好きで近付く→見つかる→逃げる。

だるまさんがころんだ状態。
この子はファンまでめんどくせえ……。

ユリカちゃんとかえでちゃんが同室ということで。
めんどくさいユリカちゃんはいつものようにベッドの上に置いた棺桶で寝る。

ユリカ「じゃあ永久の眠りにつくわ」
かえで「おお、おやすみ」

かえでちゃんの反応にドン引き臭。
いや、ユリカちゃんの寝方についてすでに知ってはいるはずですけど、どう扱ったらいいのかわからないのかもしれません。
というかよく考えたらベッドいらないですよね。
棺桶だったらこっそり床に移動しておいても問題ないでしょうし。
空いたベッドに美月ちゃんを寝かせればベッド棺桶ベッドのトライスター部屋になるのにねえ。
約一名永久の眠りについて別の意味で星になってるけど。

いちごちゃんへの、かえでちゃんのありがたいアメリカンアイカツ説法。

かえで「リッチな友達にはかえではクレイジーだって言われたわ」

>だから言ってやったの。
>確かにアタシはcrazyよ。
>でもねベティ。
>あんたのlazyには負けるわ、ってね。

もちろんこんな話ではありませんでしたが……。
アイカツの世界でもアメリカの方が当たると儲かるみたいですね。
富と名声を手にしておかしくなったアイドルなんて見たくないので金とかの話は別にいいですけど。

そういえばスターライト学園での仕事のギャラってどうなってるんでしょうかね。
自分がぼんやり考えるに、スターライト学園の学費は後払い……なんてシステムが存在するのかは知りませんが、後払いだとして、学費の額までは仕事のギャラは学費に直接充てられる形で、卒業するなどして学園を離れるときに残っている額を払うんじゃないかと想像しました。
で、人気アイドルなんかは仕事の量が違うわけで、稼いだ金額が学費の額を超えるとようやくいくらかの比率で生徒側に入ってくるって考えなんですけど、全く分けられてなかったとしたらひどい話である。

あるいはみんなのギャラは学園に貯める形で一括管理。
ただしアイドル活動に必要な費用は学園が全て負担するという形で、全生徒は基本何でも買うことができる、みたいなシステムも考えられる?

なんだかひとつの国みたいですな。

|

« アイカツ!第41話『夏色ミラクル☆』の感想 | トップページ | アイカツ!第43話『不思議の国のアイドル!』の感想 »