« アイカツ!第37話『太陽に向かって』の感想 | トップページ | アイカツ!第39話『それゆけ、ソレイユ!』の感想 »

2013年7月 4日 (木)

新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女の感想と雑記

更新日別ショートカット:
13/07/04(1)
13/07/11(2)
―――――――――――――――

▼13/07/04▼

探索時のミニイベントで好きな子に嫌がらせしたり好きじゃない子に嫌がらせしたりが楽しいストーリーモードでエンディングまで行きましたですぞ。
ラストバトル熱くてよかった。

ちなみに難易度は最初から最後までピクニックだ。
ピクニックは三種類あるなかで一番易しい難易度で、クリアするまでが遠足です。
戦闘はボスと一部FOE以外は基本オートバトルで進めているというのに一度も全滅しませんでした。
つまりピクニックでピクニックをクリアしたようなものです。
おまけの26F以降になってようやくピクニックから世界樹になってきた気がします。

ゲームバランスについてはそんな感じで、最初から自ら放棄したようなものなんですけど。
ストーリーモードの完成度が思っていたよりずっと高かったのが嬉しい誤算でしたね。
そのままだと職業すら固定で自由度のない固定パーティになってしまうところを、グリモアによるスキル及び装備可能武器の追加や、転職といった要素があるおかげで、ちゃんとプレイヤーによって特色が出るようになっているのがゲームとして好印象です。
全体を通して各キャラクターの描き方も、過不足なくて良かったと思います。時間をかけすぎずに各キャラクターがきちんと描かれていると感じられました。
ストーリーにはあまり期待していなかったのでサクっとクリアしてクラシックを始めよう、と考えていたのですが、二周目としてクラシックにデータを引継ぎできるようになった今でも、26F以降もそのまま進めてみようかなと迷っているところです。

ピクニックだとパラディンの必要性を感じなかったので自分はラクーナをバードにしております。
パーティの攻撃力を一気に高められ、ホーリーギフトで経験値も増やせるからお役立ち。
今はともかく三竜とかは、このままパラディンなしでも勝てるものだろうか?
ピクニックのピクニック度が問われるところですね。

本作はテンポに関するシステムが充実しているので、ゲーム全体がサクサク進みます。
特に戦闘のテンポはダンジョンRPGとしては完璧だと思います。
それはオプションが充実しているということなんですが。
通常時は速度控えめでボタン押下によって速度を上げるか、通常時は最速でボタン押下によって速度を下げるか、といったところを設定できるのが本当に素晴らしい。
さらにギルドキーパーや稀少個体による経験値上昇によってレベル上げそのものも早いため、レベルを上げてひたすら全員で殴っていく方針だとほとんどオートバトルでよいのでマジでサクサクです。
最高難易度だったらこうはいかないでしょうが、レベルを上げて物理で殴るのが好きな自分にとってはこのバランスでも十分に楽しめてしまいます。

フロアジャンプ、というものがまたなんとも。
これは踏破したマップの階段にいつでも一瞬でワープできるという機能ですが、快適すぎて、逆にそれが使えない状況ではストレスを感じるようになるぐらい快適すぎます。
フロアジャンプがなくともショートカットはバッチリあるんですし、今までのシリーズと同等以上には快適なはずなんですけど、楽ができるようになると人間堕落しますね。

その他、敵をある決められた方法で倒さないと手に入らない条件付きドロップアイテムも、モンスター図鑑を見ることによってほとんど答えに近いヒントが書いてあるところが親切です。
ボスなど、図鑑を見てもどうしてもわからない相手は解剖用水溶液を使って入手すればいいのですし、ネットなどの攻略情報を見ずともコンプリートしやすい作りとなっているのが好ましいです。

そういった点も含めて、単品で完成している良質な作品であると思いました。
シリカ商店ちゃんとメイドのローザがかわいいことも大事なポイントです。

これといった欠点のない本作ですが、強いていえばグリモアの管理がやや面倒なことですか。
ああ、それとフレドリカという名前が気に入っていたので、リッキィという愛称はどうかと思いました。
全国のフレドリカさんに謝れとか言われても、謝らないもん……。

裏技みつけました。消費アイテムを無限に使えるようにするウル技です。
恐らく条件はこれでいいはずですが、試してもできなかったらこのブログのことは忘れてください。
やり方はとっても簡単。

①まず適当に戦ってブーストを使用可能にします。

②戦闘中の行動選択時。
 増やしたいアイテムを使います(ターンは進めず対象を決定するだけ)。
 行動選択が次のキャラに移ったらキャンセルして元のキャラに戻ります。

③ブーストを使います。そしてすぐブーストをキャンセルします。

するとあら不思議。
アイテム欄を見ると、さきほど選んだアイテムがひとつ増えているではありませんか?

このあとここではブーストとキャンセルを繰り返すだけでどんどんそのアイテムが増えていきます。
解剖用水溶液が便利すぎるアイテムになってしまった。
毎ターン最もすばやいキャラに使わせておけば、全ドロップアイテムを確実に入手できるというバランスクラッシャー。

まったくピクニック野郎にはお似合いだぜ。

ブースト状態だとアイテムが使えないから、たぶんその辺の処理が関係しているのだと思われる。
しかしどう考えても正しい仕様ではないため、場合によっては大変都合の悪い症状につながる可能性もあります。
アイテム所持数が一杯のときに使ったらどうなるかは試す気もないですし、たぶんそれは危ない気がします。

君はこの情報の真偽を確かめてもいいし、気にせず破滅の花びらを狩り続けるのもいい。
一刀両断さえあれば解剖用水溶液を手に入れることは難しくないだろう。
よく考えて本作を楽しみたまえ。

……。

いずれアップデートの配信があったら修正されるかもしれませんね。

▼13/07/11追記▼

ストーリーモードにて26Fから30Fを踏破し、最奥のボスを撃破しましたぞ!
本作の敵は難易度がピクニックだと、最後の最後のボスを除けば苦戦はしませんな。
三竜を倒してレベル上限を上げ、そこからさらにレベルを上げていけば、あらゆる戦闘は余裕です。

問題は、三竜の一匹目を倒すまで、なわけですけど。
懸念していたパラディン不在による影響は皆無でした。
まず挑んだのは雷竜でしたが、何の問題もなく、力でねじ伏せることができました。
最高レベル70時点での転職+最高レベルだけで余裕で三竜と戦えるピクニックであった。
それだけ鍛えればそりゃそうだろうと思われるかもしれませんが、同条件で戦った世界樹の迷宮3ではそんなことなかったです。

ストーリーではハイランダーのスピアインボルブがとにかく使いやすいですね。
他のキャラにいずれかの属性攻撃が必要になるとはいえ、その前提条件は極めてゆるく、ストーリーの初期職だとマスタリーをちょっと上げるだけで三属性が揃うキャラが二人もいるという。

本作は物理と属性が複合している攻撃は、敵に当たった際、相手の弱点の方が優先されるというお得な仕様になっているようで、相手の耐性がどうだったとしても、突炎氷雷のいずれかが空いていればそこを突けるという万能さがスピアインボルブの魅力です。
空いているところが弱点であるならもちろんダメージはさらに大きくなるわけで。
だいたいどんな相手にも有用なので重宝してました。

三竜はそれぞれ弱点があるのでデタラメなダメージを叩き出してましたね。
猛き戦いの舞曲とコロシップオーラを使って威力を高めていた影響もありますけど、倒すまで5ターンかかりませんでした。

ピクニックは本当にピクニックだなあと思った。

踏破したとは書きましたけど、28Fの地図だけはまだ完成しておりません。
あの赤くないのに3倍速い鳥とダメージ床のコンボのせいである。
めちゃくちゃ広いマップのダメージ床を書き込むだけでも大変なのに、
強めかつ鬱陶しい能力だけでなく、短時間での無限湧きという外道バードがわんさか噴出。
さすがに埋める気が起きないよ!

この鳥は28Fと30Fに出てきますけど、30Fを探索中にその動きの性質に気付くことができたので、30Fだけは埋められました。

あの鳥って、マップでの移動中は横に曲がれないんですよね。
だからこちらが鳥の直線上に移動しなければ絶対に遭遇しないという突破法があったのである。

それに気付いてからはスムーズにマップ埋めをできましたが、たまにミスして遭遇したり、二体近付いたときに位置の関係で避けようがなくなったりとかもしました。
あの鳥自体の能力は正直70で転職済みのピクニックLV99だと大したことはないんですけど、高確率で即死を与えてくる仲間を呼ぶのが鬱陶しいことこの上ない。
毎回1ターン目のフレドリカにバルカンフォームを使わせて、呼ばれたら通常攻撃で一掃してました。

ピクニックだと装備であまり防御力を気にする必要がなく、アクセサリを装備する余裕がバッチリあるので、特に拘りがなければ即死耐性のアクセサリを全員に付けておいた方が、30Fだけでなく都合がよかったりするかもしれないですね。
石化も厄介ですけど、こっちはリフレッシュの最高レベルで全員一気に回復できたりしますから。

パーティのレベルがいくつであろうが簡単確実にグリモアを入手できる「戦功の角笛」が便利アイテムすぎる件。

ギルドキーパーの探索準備のGOOD効果で、グリモアチャンス時に100%グリモアが手に入るって状態でこのアイテムを使うと、戦闘後に必ずグリモアが手に入るのです。
戦功の角笛を5つ用意して全員で使うことにより、戦闘後に5つのグリモアが確実に手に入るわけなのですが、一応は貴重なアイテムなのでそうそう使えはしないでしょう。
ですが先述の裏技を使ってアイテムを増やすならば……。
ピ、ピクニック野朗……貴様!

バグ技という事実のリスクを背負って使えばよろしいのではないでしょうか?
自分も使っています。今のところなんの問題もありません。

ところでグリモアってたくさん入手はしたものの、どれを残すかで迷ったりするじゃないですか?
そんで倉庫にいっぱいになったグリモアを見て、うああどれを捨てたらいいんだうああみたいな状態になってたんですが。
☆スキルがないグリモアは捨てる、という方針にしたらわりとスッキリしました。
あと7枠のグリモアはとっといたりしますけど、これは意外に手に入るので処分を兼ねて三番目の合成素材にしてたりします。

現在の自分の整理の仕方としては、
ダンジョンから帰ったあとすぐにグリモアの装備画面に入り、NEWが付いているグリモアの中で☆スキルがないものを処分。
という流れになります。

☆スキル以外はいらないのでダンジョンにいるときにもそれ用の処分をしてたりします。
基本的にはFL以外のグリモアは捨ててしまうって感じですけど、金のグリモアは7枠なのでベースとして残したり、闇のグリモアはしょぼいものでも一緒に入っている仲間スキルに☆がある可能性があるのでとっておきます。
そんな感じです。

戦功の角笛無限増殖を使っていない人にはあまり関係のない話ですな。

モンスター図鑑とアイテム図鑑も埋まったのでストーリーからクラシックに引き継いで新たに始めました。
基本全て引き継いだものの、マップのどこに行っていないかがわからなくなりそうだったので、床の色だけは初期状態に戻すということをしたら、歩くだけでマップが完成していくようになったので、いい感じです。
二周目はイベントや宝箱の中身などを逐一メモで書き込みながらプレイしています。
完璧な地図を作るぞ!
という意気込みで。

ちなみにパーティはバードx5です。
ステータス画面を見ると金色の王冠が三つあり、どうやら三竜を倒した結果が残っていそうなので、まずはレベルを99まで上げてしまって引退した方が楽に育成できるかなと思いまして。
ホーリーギフトx5が重複するのかどうかは知りませんが。
あらかじめ用意しておいたグリモアがあるので、バードのみでもなんとでもなりそうです。

|

« アイカツ!第37話『太陽に向かって』の感想 | トップページ | アイカツ!第39話『それゆけ、ソレイユ!』の感想 »