« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第13話『混戦』の感想 | トップページ | アイカツ!第18話『チョコっとらぶ』の感想 »

2013年2月10日 (日)

3DS版ドラゴンクエスト7

更新日別ショートカット:
13/02/10(1)
13/02/17(2)
―――――――――――――――

▼13/02/10▼

3DS版のドラゴンクエスト7を買ったんです。
PS版も当時プレイしたことはあるんですけど、かなりの序盤で詰まって挫折しましてね……。
そのあたりはこのたびのリメイクにて改善されたようで、少なくとも石版が足りないなんてことは今のところ皆無であり、非常にスムーズに進めております。
ヒントが細かいので行き先に迷うことはなさそうです。

PS版とは違って特に問題なく進めております……が、やはり面倒な部分はありますねえ。いや残っているというべきなのか。
イベントの流れがなんというか、一本道であるにもかかわらずあっち行ったりこっち行ったり敵も出ないんだからそんなとこ自動で行けと言いたくなるほど手間だけかかるところが多いので、二周目は勘弁という思いがちらほら。
まだ序盤だからといってこれだけやりがいのないお使いが多いRPGは人生で初めてかもしれませんぜ。
やがて辿り着いたカジノがやけに新鮮に見えて入り浸りそうになってしまったけれど、まだ景品がそれほど惹かれる物ではなかったため抜け出せたのでした。
7777当たったのでけっこうメダルたまっております。

戦力について自分で考える余地が出てくる転職がとにかく楽しみであって、できるだけ早くそれができるようにしようと道中はレベル上げやゴールド稼ぎなども控えてノンストップで進めていたのですが、それでもずっとボスなどで苦戦したことがほとんどなかったため、風の噂で聞いていたダーマ神殿のイベントも、特に問題なく越えられるだろうと、思っておりました。
なんだあの鬼畜イベント。

最近ヌルゲーばっかやっていたから心のどこかで油断していたのかもしれないけれど、準備万端にしたはずのパーティが初見のボスにことごとく全滅させられるとは……。
手に入れた種や木の実はすべてマリベルに与えて、戦闘中の行動はほぼ「こうげき」連打という脳筋パーティなので、ここでの制限なんて大して響いていないはずなのに、しかもイベント長いなオイ。
ひたすらレベルを上げて物理で殴ろうかとも考えたけれど、確かドラクエ7の転職システムはあまりレベルを上げると都合が悪かったな~、との情報が頭にあり、どうにか現状のパーティで行こうとゴリ押し。
まあなんとかそれぞれ二度目の負けはなかったんですけど、それでも危なかったですね。
ダーマ神殿イベント攻略中に活躍したのは誰よりもゲストキャラでした。
三人パーティのうち二人が死亡、かつ残ったマリベルも瀕死という大ピンチのなか、毎度ゲストキャラがかいしんのいちげきでボスを吹っ飛ばして終了。
もうあいつらだけでいいんじゃないかな。
フォズちゃんはうちのパーティにください。

どうしてマリベルだけ最後まで生き残ってるのかっていうと、上に書いた通り町にあるツボとかタルとかを壊しまくって手に入れた種をすべて与えているからなんですが、どうもこのゲームは種がよく手に入るようで、おかげでかなり丈夫な子になってます。
どんなピンチでもたいてい最後まで生き残っているという。
あとは殲滅力さえあれば一人でも戦えそうなもんですけど、うちのマリベルは最終的に物理系の職に就かせる予定なんですよね。上級職で覚えた魔法や特技はその職限定で使用可能、となった3DS版では大魔法も使える蛮族みたいな運用は無理っぽいですし。
これまた他のゲームのイメージで入ってしまったのがまずかったんですが、転職で装備できるものが変わらないというのは大きな誤算で、マリベル自身が装備できる武器だと物理系での運用はだいぶ力不足になってしまうかもしれません。
まあ本来もろい子が鉄壁、というだけでも攻略上有利になる場面は多いと思われるので、方針に後悔はありませんけどね。

さてそんな鬼畜ダーマを越えたのち、プレイ時間約17時間(短いRPGならもう終わってまんがな!)でようやく転職できるようになってからというもの。
移民の町の「スライムだらけの森の石版」でスライムを狩りまくって、さっそく主人公とマリベルの一般職をすべてマスターしました。
ここだとレベル19までなら熟練度が上がるぜって情報をネットで見たので、スライムなら経験値が低いからレベルが上がらず、長く熟練度を上げるには打ってつけなのではないかと入り浸り。
経験値だけでなく手に入るゴールドも低いですが、ひたすら戦闘を繰り返していくとスライムの心というものが大量に手に入るため、それを売ると一個あたり200円なのでどんどんカジノ代がたまっていきます。

カジノ代……にしたいんですけど、装備が総じて高くないですかね?
売値も高いからあんなもんでしょうか。
ダーマ神殿まではゴールドが足りないなら足りないで不十分な装備のまま突っ走ってましたよ。
ダーマ神殿まではね!!!

どんな状況でも一服の清涼剤になるのは、マリベル。
マリベルのコメントを逐一聞いていると、あのちんちくりんがどんどん可愛く思えてくる恋のマジック。
主人公は喋らないので、まったくマリベルに興味なさそうでひたすら素っ気ない主人公、に対して必死に絡もうとしてるみたいなマリベルが不憫なツンデレっぽくて可愛いですね。
なんだか、同棲じゃないひとつ屋根の下で入浴しようとしているときに意識しまくりで「覗かないでよね!」って釘を刺したら「え? ……ああ、うん」ってしばらく本気で考えてから答えが返ってくるみたいな関係に思えてきますの。

▼13/02/17追記▼

マリベルの途中離脱についてはネットで情報を得ておりましたが、あんなに長いとは思わなかったごろん。
プレイ前に最終メンバーをあらかじめ決めており、そのメンバー全員が揃ったら本格的にレベル上げと熟練度上げを始めよう、などと計画していたら、ようやく揃ったときにはもうラスボス直前でござった。
バリバリの終盤までフルメンバー揃わないとか……。
しかも揃わないなら揃わないで心の支えにしてきたマリベルがストーリーの佳境でごっそりいないという。
これはドM用RPGなんですかね……。
色々とおあずけを喰らわされた反動で、メンバーが揃ったあとはカジノでゆめのキャミソールを手に入れたり、四人ともレベル99にしちゃったりしちゃったよ。
自分で組み合わせるすれちがい石版が稼ぎに適しすぎでしょう、と思った。

自作のすれちがい石版については最初はさっぱりわからなくて手を出す気になれなかったんですけど、わかってしまえば色々と都合がよく、録画していたアニメを観ながら色々と稼いでおりました。
自作のすれちがい石版って要は、

・なつかせたモンスターを三種選んで、石版の中の敵として登場させられる。

・自作のすれちがい石版の中では熟練度のレベル制限がなくなるので、全員レベル99だろうがスライム相手に熟練度稼ぎができる。

・石版の中に登場する敵は、自分で選んだリーダーとお供二匹の計三種に加えて、モンスター図鑑で見た際のリーダーのばんごうの「次」と「その次」のモンスターが出てくる。つまり石版の中には計五種のモンスターが出てくることになる。これを利用してモンスターをなつかせていけば、居場所がわからないモンスターであろうと移民の町から出ずになつかせることができる。石版ひとつにつき二体しか新たになつかせられないので面倒ではありますが。

というわけで。
自作のすれちがい石版を使えば、高い経験値、たくさんのゴールド、貴重なアイテムや心を落とすモンスターを組み合わせて、大変効率のよいダンジョンを生成できるということなのですな。
自分は「はぐれメタル」と「メタルキング」をなつかせて、もう一体はメタルスライムやゴールドマンなど、必要に応じて変えていきました。
組み合わせによって各モンスターの出現率が変わるような気がしましたので、メタルキングが二体セットで出やすい石版で稼いでましたね。
メタルキング以上に経験値効率のよいモンスターもいるのかもしれないですけど、メタルキングが二体セットで出てきたときの60000以上の経験値でレベル99まで上げられたので、これ以上のモンスターは不要だと思われます。
まずメタルキングをなつかせるのが大変ですけど、それに関しては終盤のクレージュ周辺でなつかせるとよろしいかと。スライム系ばかり出てくるあそこも熟練度のレベル制限がないようですし、ゴールデンスライムが三体セットで出たりするのでゴールド稼ぎにも有用ですし、まったり稼ぎながら「まものハンター」の「まものならし」を使いつつメタルキング狩りをしていけば、そのうちなつくんじゃないでしょうか? すぐに逃げてしまうのでそんなに回数は使えないと思いますが、自分はまものならしを一回使った際になつかせることができたので、それほど絶望的な確率ではないと思われます。

ちなみに稼ぎの際に重要だった装備は「メタルキングの剣」と「ほしふるうでわ」ですかね。
防御面はなんとでもなりますし。
メタルキングの剣はゴールデンスライムなどでゴールドを稼いでいればさほど時間をかけずに購入できますし、ほしふるうでわはカジノでどうにかして入手すると、メタル系より早く行動できるようになるので倒せる機会が増えていい感じです。
一定以上攻撃力があるとメタル系でも通常攻撃一発で倒せるようになるので、攻撃力はあればあるほどよいですね。メタルキングが一撃で倒せるようになったのは主人公のレベルがだいたい80を超えてからでした。
それからは「へんてこ斬り」などでほぼ確実に一掃できるようになったので、レベルアップに必要な経験値は増えているはずだというのに、むしろそれまでより簡単にレベル上げができたという。
ふくびきで当てた「超げんきだま」を使って経験値を二倍にしたのでなおさら早かったです。

いや、レベル99まで上げたドラクエなんて人生初ですわ。
すれちがい石版がなかったらたぶん60程度でラスボスに挑んでいたでしょうけど、これまで自由にレベル上げできなかった(するわけにはいかなかった)ことで、ちょっぴり意地になって上げちゃいましたね。
主人公とマリベルはすでに上級職も全てマスター。メルビンとアイラももうすぐです。
あとはモンスター職ですけど、こっちを全てマスターするのは大変そうだ……。
人間の上級職とは違って、転職しても覚えたものをそのまま使用することができるので、上級職をひたすらマスターしていくよりモンスター職をマスターしていったほうがよかったかなぁとも思うんですけど。
とはいえモンスターの心を集めるのもけっこう骨ですから……。

モンスター職がまた終盤までよくわからなかったんです。
転職したい人物にモンスターの心を持たせれば転職の選択肢として出てくるっていうのはすぐにわかったんですけど、転職するのに心以外の条件があるモンスター職を攻略サイトで見たので、これはもしかしたら心の所持に加えて、あるモンスター職のマスターが必要なのだろうかと勘違いしてしまって……。
でも実際にはそんな面倒なことは必要なく、要は二種類の転職法が用意されているだけのことでした。
心を入手するか、条件となっているモンスター職をマスターするか。
試しに「ホイミスライム」と「リザードマン」をマスターしてみたところ、心を持っていない「ドラゴスライム」に転職することができました。
これはつまり、心以外の転職手段がないモンスターの心をそれぞれ四つほど手に入れておけば、あとは心の入手を気にすることなくパーティ全員が全モンスター職をマスターできるということですかな?
強力なモンスターの職は強力な特技をたくさん覚えるので、人間の上級職をマスターするよりもずっとお得ですなー。
でも今からマスターしていくのは大変なので、とりあえずエビルタートルとプロトキラーでバイキルトとばくれつけんだけ全員に覚えさせることにします。
別にゴッドハンドにしてしまえばどっちも使えるんですけど、服装を変えたいときに転職してもレベル99らしくいられるようにと。
ルカニを二回かけたのち、バイキルト付きのばくれつけんで攻撃するとめっちゃ強いですもん。
ラスボスに四連続で喰らわせる予定。

ところで仲間の作戦は基本「じゅもんつかうな」でやってきている自分ですけど、MP消費なしの特技だけでも十分強いゲームなのでボス戦ぐらいしか困りませんねこれで。
回復だって「しゅくふくのつえ」を仲間に持たせて作戦を「いのちをだいじに」にしておけば、誰かがピンチになったら次の行動ですぐに使ってくれるので、すばやさの足りないキャラが大活躍できますし。

マァ、あれですよね。
リートルードの世界ランキングも楽々一位になれるようになりましたし。
ベストな状態といっていいくらい装備も充実してますし。
ルーメン近くのモンスターパークもだいぶ賑やかになってきてますし。
かるくラスボスを葬る光景が目に浮かぶようですけど。
わきあがる嗜虐心が変なフラグにならないとよいのですが。
いいですかねこれくらいでもう。
いしつぶて。

|

« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第13話『混戦』の感想 | トップページ | アイカツ!第18話『チョコっとらぶ』の感想 »