« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月の2件の記事

2012年7月11日 (水)

[本]『咲-Saki-』10巻の感想

発売日からけっこう経ってるけど、『咲-Saki-』のコミックス10巻の感想だよっ!

10巻は宮守スペシャルでしたねえ。
宮守チームの魅力を高める場面がふんだんに用意されており、勢い余って熊倉トシさんの入浴シーンまであるという徹底ぶり。
出しちゃうかー、ついにそれをー。
果たしてあれは入浴中である必要があったのかどうか。10巻最大の謎であった。

こんなチープな言葉で言い表すと語弊がありますけれども、これだけの数の「萌えキャラ」をごく短いページ数でちゃんと萌えるように魅せてくるというのは、改めて立先生のキャラ作成能力は凄まじいものがあるなと思いました。
新しく出てくる人物がことごとく魅力的なおかげで好きキャラの浮気は必定必至。ゆえに、いったい自分は誰が好きなのか、わからなくなってきてしまったので、参考までにネットでキャラソートというものをやってみたのでした。
すると上位4人が同率1位で、怜と竜華と、霞さんと姫様でした。
なんというわかりやすさ。
あと塞ちゃんとハッちゃんも同順位だったという。

おい見ろよジョージ。
あれがこの国に蔓延るカプ厨ってやつらしいぜ?

いやはや、描かれるまでわからんもんです。
とにかく10巻は副将戦で描かれる、塞ちゃんのハッちゃんに対する「ガン飛ばし直取り攻め」がたまらなくてですね……。
副将戦は、もはやどんなオカルト能力の前でもブレることがなさそうでほぼ完成形になりつつある、オカルトよりもオカルトな打ち手と進化してしまったデジタル雀士の原村さんや、お姉ちゃん大好きっ子で素直なところがほっこりする癒し系の愛宕妹もよかったんですけど。
相性のせいで力関係が一方的なのに、その事実を頑なに認めようとせず抗おうとするも、結局無駄な抵抗に終わってしまうハッちゃんが、塞ちゃんのペットっぽくて可愛いと思ったんです。
無力なくせに飼い主にやたら牙を剥く頭の悪い小型ペット系の難儀な可愛さよ。
というか、どう表現したら適切になるのかわからないものを今の自分は抱えています。塞初がいったいどういうカップリングなのか、ぜひとも有識者に意見をお聞きしたいところですね……。

ハッちゃんは普段はいつでも余裕しゃくしゃくで誰のことも舐めてかかっているような態度の最上級生だけれど、能力を封じてしまえばただの駄々っ子でしかなかったという。
そんな素のハッちゃんを引き出したのが塞ちゃんの能力でしたが、あの能力って片眼鏡の効果なんですかねぇ。
でもそこまで強力な効果のマジカルアイテムを試合に持ち込むのはまずいと思いますし、あの片眼鏡はただの能力感知アイテム(能力発動を感知すると曇るとか)であって、塞ぐ能力に関しては本人のものだったりするんでしょうか?

知らんけど、塞ちゃんはなんだかだいぶ良い方向に初期の印象を裏切られました。口調は軽いのか重いのか変なのかわからない絶妙なところで。宮守の中では一番喜怒哀楽が(過不足ないという意味で)しっかりした子っぽく、性格的にもさっぱりしていてムードメーカーになれる明るさを持っている様子。
なので、友達になりたい系女子としての印象がすこぶる良く。
もしも作品が違ったなら、主人公(シロ)に選ばれない方のヒロインぐらいにはなれそうな感じです。
おっ、それは人気ポジションですね!

対局前にエトペンを蹴ったあとの態度や対局後の物腰など、愛宕妹は性格よさそうですね~。
いやまあ、エトペンを全力で蹴りとばす時点で大問題なんですけど。
大好きな姉に信頼されている末原先輩に素直に憧れてしまうところなんか、たまらなく純粋で愛宕姉の嫁候補じゃないですか。

で、件の末原先輩はというと、色々と頑張っていることは伝わってくるので好感は持てるんですけど、本人が不安がっている通り、大将戦のあのメンツの中でやるのはしんどいですよねぇ。
それはさておき。
回想の中での愛宕妹に対して末原先輩、なんか妙に優しくなかったですか?。
なんやかんやあっても、漫ちゃんを特別目に掛けていることは疑いようもないですし。
そしてゆーこちゃんには特に何もなかったと記憶しているんですが。
もしかして末原先輩って、巨乳ちゃんにだけ優しいとか、ないですかねぇ……。
あるいはさらに「年下の」巨乳ちゃんにだけ優しいとか……。
漫ちゃんのデコに末って書くぐらいですし、好みの娘は片っ端からツバをつけている印象。
やだ末原先輩サイテー……(誤)。

独特な空気を纏っている人物だらけの宮守女子において、最も異質な姉帯さんは本当にでかいですね。
座高だけで胡桃ちゃんの全長ぐらいありそうなのに加えて、複数の強力な能力を持っていて、さらには亜熱帯出身なのかとなんとなく思っていたら、普通に岩手だったという。
それにしても見た目の重さに反して口がちょう軽くて対局中にも逐一喋るので、宮守麻雀部の部活中に胡桃ちゃんから注意されなかったのだろうかと思ったけれど、宮守の部活は楽しく喋りながらやるのが普通だったのかもしれませんね。
少なくとも麻雀素人だったエイスリンが入ってるときは、教えながらやっていたんでしょうし。

それはそれとして霞さんじゅうななさいだ!!!
いずれ劣らぬ美少女揃いの永水女子にあって、お気に入りの美少女をひたすら甘やかしそうな雰囲気を持ったダダ甘美女が大好物な人たちにはたまらないであろうそのおばさ……お姉さん臭。
どうやら霞さんは分家の中では最も姫様に近い血の持ち主らしく、学年がひとつ違うにもかかわらず姫様とは「霞ちゃん」「小蒔ちゃん」と呼び合う仲のようです。霞さんと話すときの姫様が普段どういう口調なのかはまだわからないですけど、たとえば丁寧語だったなら、恋人ほどに近しい仲の年上に対して丁寧語+ちゃん付けってかなり美味しいポイントだと思うのですよね。
残念ながら自分でもまだ曖昧な萌えポイントなので具体例は挙げられないんですが、いずれ百年後ぐらいにでもどこかでわかっていただけるんじゃないかと思います。

ところで姫様もメロンですけど霞さんはスイカなので、和了時には自慢の果物で牌を隠してしまっていますね。
牌を隠す。まさに神隠しならぬパイ隠しである。
おあとがよろしいふんふむ。

ちなみに全国二回戦の結果については、ネットでうっかりネタバレを見てしまったので、なんとなく知ってはおります。
どのチームも魅力的であるがゆえに、どこが敗退するにしてもある程度残念な気持ちになってしまうことは致し方ないことです。
とはいえ清澄を除いた二回戦出場チームが団体戦の試合に出るのは恐らく次の準決勝までかと。
仮に決勝まで行ったとすると清澄と共に三連続で同チームが描かれることになるため、出番を公平に……というわけではないにしても、準決勝でも新たなチームが二組登場することを考慮すれば、それは考えにくいことかなと思います。新たなチームもまたきっと、魅力的に描かれるのでしょうし。
なので二回戦を突破したか否かの違いは、あと一試合出るか出ないかの違いだけだと考えると、本当に問題なのは、今後、試合以外での出番があるかどうか、です。
Sakiという作品は、あるチームあるいはカップリングだけでスピンオフ作品を描いて欲しいと思うようなところが、いくつもありますからね……。
ときどき誰かにスポットが当てられて美味しいお話が描かれる番外編はすでにファンからの要望の激戦区でしょうから、数が多すぎてその全員が描かれることにはちょっと期待できないと思われます。

もったいないお化けが出るぞ――!

そろそろ番外編のみで連載しても大丈夫なぐらい下地ができてますよねえ。
改めて考えるとそれが咲日和なのかな、とも思いますけど。

|

2012年7月 4日 (水)

[アニメ]咲-Saki-阿知賀編第12話『約束』の感想

いやー、とりあえずの最終回ですが、とても良かったと思いますね。
命が心配だった怜も、かろうじて無事(?)でしたし。
あとはチームメイトが試合をしている最中に病院で静かに息を引き取ったりしないといいんですが……。
まさかそんなことはねえ……。

ちなみに今回の感想はやたら長いです。
誤脱チェックのために自分で読み直しててイヤになりました。えっ。

今回は三年前の千里山中学からスタートでした。千里山中学は千里山女子の中等部じゃないみたいなんで、共学だったりするのかな?
中学時代の怜×竜華とセーラは当時から一緒。三人はこの頃から仲がいいようです。
今よりも少し髪の長い怜が可愛くて、竜華は今と同じようでありながらやっぱり可愛いですね。要は二人とも可愛いです。
あ、セーラも男前ですよ(とってつけたように)。

高校で竜華に全国行きに誘われるまで、怜は暗めの性格だったんじゃないカナーなどと勝手に思っていたのですが、中学時代の怜は意外にも表情が明るいので、ただの美少女って感じですね。
あれだけただの美少女で病弱とくれば、竜華以外にも放っておけなくなる娘がそれなりにいたんじゃないかと思われますけど、別にそんなことなかったとしたら、みんな見る目なかったのかな。それとも竜華とのラブっぷりを見て諦めざるを得なかった、って感じでしょうか。
とはいえ中学時代の二人の仲は今ほどではなかったんじゃないかとも思うのですけれども、のちにこれだけ愛し愛される仲になる二人なのだから、二人の間にはすでに特別な空気があったんじゃないかとも考えられます。
ゆえに怜のことをよく見ている人物ほど、その心に入り込む隙がないことに気付いてしまったとか。

そんな二人と一人の三人娘は同じ高校に進学して、その麻雀部には愛宕姉妹と関係があるっぽい監督が登場。名字が愛宕でありました。
この人は愛宕姉妹の母なのか、それとも年長の姉なのか。あるいは名字が同じの親類なのか。
以前フナQがおばちゃんと言いかけた件もありますし、謎が謎を呼ぶ謎めいた人、ですね。
見た目や名前にこれだけ共通点があって、実は無関係だったりしたら、それはそれで衝撃的ですが。

回想は終わり、試合という名の地獄に戻り。
三巡先を視ることに成功した怜。
二巡先でも厳しいというのに三巡先ともなれば体に甚大なダメージがあったかと思いきや、使用後もワルそうな笑みを見せたりと、まずまず元気そうな怜さんである。
だが。
うなだれてほくそ笑みながら牌をツモるその姿は、なんだかちょっときもちわるい……!
いらんお世話やほっちっち。

対面の相手が死にそうになっていることなどお構いなしに、淡々と、しかし確実に手を完成させていく照。当たり前のようにテンパイし、リーチをかける。
しかしそこでリーチがかかることをすでに視ていた怜は「知ってたよ。この後、新道寺が動いてくれることも」と、水を得た策略家の顔。
無理をしすぎた反動か、怜はこの一試合でちょっと性格歪みそうです……。

照がリーチしたことを好機と見るのは怜だけではなく、怜が捨てた牌でポンする煌は「リーチ、かけましたね」と照を見やる。
リーチの檻に敵を閉じこめ、彼女たちの狙いはひとつ。
そろそろ店じまいの焼き鳥屋がいることには、二人ともまだ気が付いていなかったようですが。

ここで怜が二度目のトリプル。
視えたのは自分が倒れる姿だったが、みんなとの思い出を支えに根性で耐えきる。汗と涙と友情と。まさかこの娘が一番スポ根するとは誰が予想したでしょうか。誰よりも主人公らしく見えてしまう要因は、出番が多いから、だけじゃないですよねぇ。主人公に必要なものをことごとく持ち合わせているというか……。
まああれですよ。
本編のタイトルが「咲-Saki-」で同名の主人公の影が薄くなりがちなので、もしも「阿知賀編」が「千里山編」と名付けられていたら、そのときは千里山チームの影が薄くなっていたのではないでしょうか。
つまり「桃-Momo-」というタイトルだったなら、作中に桃子は存在しなくなってしまったわけです。
なんでそのタイトルにした。
そんなふうに突っ込まれること請け合いですねもー。

能力を使い、玄の異変を知った怜。
それでも怜が視たのはもう少し未来の光景なので、今の玄はまだドラを切ることをためらう焼き鳥屋でしかなかった。そんな玄が切った牌を煌がポン。
すると照の竜巻の勢いがわずかに弱まる。

照のアレは通常であれば絶対的な確率で和了できる能力みたいですけど、なんらかの事象の影響を受けてその確率が揺らぐ程度の弱点はあるみたいですね。それでもこの時点では大した違いはなかったんじゃないかと思いますが、その先に起こりうる事象を能力自体が予知しているようなところがあるんでしょうか。ある意味照も、怜と似たような能力を持っているということなのかも。

怜のおかしな捨て牌に思考を巡らせる玄は、ドラを手放すことを現実的に考え始める。
駆け巡る思い出。今は亡き母の姿。その人との思い出に直接つながっている彼女のドラは、母との別れを受け入れられない玄の未練そのものであったのか。
別れなければならないものとの決別。そして、別れても戻ってきた穏乃たちのことを思い、別れても待っていればいつかまた戻ってくると覚悟は完了し、玄は捨て牌としてついにドラを手にする。
「帰ってこなくても、私は待ってる!」
♪BGM『待つわ』唄:あみん

は大嘘ですけど、カッコいいBGMと相まってついに玄ちゃんがカッコよくなりましたぞ!
かわいいふりしてあの子、わりとやるもんだねと。

自らを縛っていた運命を玄が投げ捨て、初めて河にドラが出たことにより、照の右腕の竜巻も霧散。
最後の改変として怜がポンすると、怜がやろうとしていることをすっかり理解しているのか、「お疲れさまです」と労う煌。
仕掛けは整い、あとは照が毒入りの牌を引くのみ。

冷静に考えると、力と点差がこれだけあるからどうにか許される描写ですけど、別に汚いことをしているわけでもない相手を三対一で罠にハメるとか、ろくでもない麻雀してるよねこの子ら……。
まあ本編アニメの個人戦でも咲ちゃんを相手に他の三人が結託したことがあったので、どうしたって宮永姉妹はそういう役回りなんでしょう。
強すぎるってのはそれだけで罪なのさ……。

ドラが手に入らないことで打点を高めるためにリーチをかけざるを得なかった照。そしてドラを切ることで照の想定外の場を作り出した玄。
ドラを抱え込む玄ちゃんの活躍が、らしい形で最後の最後に描かれた感じですね。
いいんじゃないでしょうか。

そしてこの試合では唯一となる照の振り込みで点棒を獲得した玄ちゃんの打点は16600。
点差としてはまだ10万点以上あるので白糸台からしてみればこの程度のマイナスはなんでもない感じですが。
その振り込みに関連づけて、高校生のときに一度だけ振り込んだ跳満以上について語るすこやん。
解説に交えて、さりげなく自分を持ち上げているところがいやらしいアラフォーです。
「それも想定を超える打ち筋からの一撃でした。今でもそのことは強く心に残っています」
想定を超える打ち筋からでしか跳満以上を振り込まないとか。
どんだけすこやんの麻雀は健やかじゃないのさ。

どうやら高校時代のハルエがこっぴどくやられたのは仕方のないことだったようで。
しかしすこやん本人の口から当時のことが語られたことで、それを聞いたハルエは自身が認める強者に力を認められたと感じたのかご満悦。そんなハルエの顔を見て灼ちゃんも嬉しそう。
色々あった先鋒戦を観戦し終わって感銘を受けたハルエはようやく改心の道へと乗り出したのか、玄に対して「頑張ったね」と心の中で労う。
直接言ってやれよ……。

長かった先鋒戦もついに終了。
さすがに無理をしすぎた怜は、卓を離れることもできずに倒れてしまう。
その時点でもう死んでいるんじゃないかと観ていてヒヤヒヤしましたが、竜華が駆けつけたときに喋り出したので、せめて今際の際に告白ぐらいはさせてもらえるのだなと死神さんの温情的な(以下爆発)。
それにしたってまだ人死にが出たことがないこの作品だからこそどうにか助かったものの、すでに死人が出ていたとしたら確実に絶命していたところでしょうね……。
そのあと怜は病院へ搬送。いまだ予断を許さない状況です。
なんとか喋れるそんな怜から次鋒戦を任される泉。
ようやく阿知賀女子のメンバーが活躍を見せてそのまま勢い付くかと思ったら、これじゃあ千里山女子も負けられないじゃないですか……。

ところで先鋒戦終了後に最も早く怜の異変に気付いたのは照だった件。位置的に対面だったから嫌でも目に入った、と言ってしまえばそれまでですが。
営業スマイルのときの「本当に心の底から、多くの人に感謝をしている」発言のこともありますし、どうやら完全に感情をなくした人間というわけではないようです。
素の状態だと極めて表情に出にくいというだけなんでしょうか。
誤解されやすそうなタイプですね。
まあ妹の方も口数の多いタイプではありませんけどね。
姉妹そろって暴れん坊マスコット系女子。

ついに阿知賀女子と和のご対面んん!
感動的な再会! ……という感じではありませんでしたが、少なくともこの再会は穏乃に大きな変化をもたらしたようで。
やる気がみなぎってきたのかその目には炎が。
むっ……。
最強の面々と渡り合うにはあと二つぐらいきっかけが欲しいところですね。

次鋒戦前。
倒れた先輩からあとを託された千里山の泉ちゃんも泣きながら対局室へ。
千里山が負けられなくてこっちも泣けてきます。

次鋒戦開始時の千里山控え室にはフナQとセーラしかいませんでしたけど、大将の竜華は出番がまだ後だからって病院まで付いていったんですかねえ。
試合に間に合わなくて棄権、とかはないと思いますが……。

個人的に白糸台は、清澄と当たるまではあまり能力面の情報を明かして欲しくないなー、と思っているので、先鋒戦もですけどそれ以降が描かれることには不安も大きいのです。
しかし千里山のこの状況。本気を超えた竜華が見られるかもしれないと思うと、それだけでも大将戦は楽しみですので、実に悩ましいところです。

最強の高校生がいる先鋒戦が終わったことで、次鋒戦からは戦力が拮抗するのかというと、未知数なチームがふたつあるのでまったくわかりませんね。
剥いて確かめようぜとボクたちがその秘められた力に恐れをなしていたように(捏造)、もしかしたら妹に続いて宥姉も一皮剥けるかもしれないですし。
泉ちゃんが活躍できる感じはあまりしないんですけど、照以外の実力が完全に謎な白糸台はもとより、新道寺だってこれから大将に向けて一人また一人と強くなっていくわけですし、大将戦はいったいどうなってしまうのやら。
怜をボロボロにされて本気になったセーラと竜華の活躍に期待したいところですが、中堅はともかく大将となると、新道寺最強、白糸台の秘蔵っ子、阿知賀編の主人公と、なかなか相手が厳しいので……。

千里山女子は怜を除けば、全国大会において正統派すぎる実力(強烈なイレギュラーには対応できない)という印象なので、相手がこのメンツだとちょっと二位になるのは難しいかな。
仮に勝ち抜いたところで決勝で怜の体力が持つかといったら危なそうですし、そのあたりのことを含めると「阿知賀編」はやっぱり「千里山編」だなーという印象です。
その一作の中ですべて出し切るからこそタイトルとして相応しいチームという感じで。
阿知賀女子はまだこれからですもんね。
決勝に進出したらあとは本編に吸収されてしまうんでしょうし。

厳しい戦いが予想される大将戦に向けて、実は竜華も能力を温存していた、とかだと燃えるんですが……どうなんでしょう。
怜の体のことを考えて準決勝を二位以上で終えることは早々に諦め、阿知賀と新道寺に差し込みつつも、怜が無理をする原因となった白糸台を仇として狙い撃っていく、とか。
とはいえ竜華(チームメイト)にも止められていたのに倒れるほどの無理をしたのは怜の意思なので、逆恨みみたいな感じにもちょっとなりますけど。
少し気の早い話ですが、怜と竜華は阿知賀編で出番を終えるにしても、いずれコンビ打ちとかでまた出番があったらいいですね。
愛の力のみならず怜の能力によって、冗談じゃなく反則的な強さのコンビになりそうですけれども。

さて、これにてテレビ放送は一旦終了。残り3話が待ち遠しいですね。
3話といっても時間をギリギリまで使っているそうなので、実質4話なんだそうで。
だとしても、あと4試合を描ききることは時間的に難しいと思うので、端折られる部分は少なくないと思われますが。
何はともあれ、どこで観られるのかを早く知りたいところです。

怜が病院送りになったことで怜竜の出番が減りそうなのが残念ですけど、あの二人の出番が減らないとお話が進まないという問題もありますから仕方ないですね……。
まあでも別に残り3話は、怜の病室に置いてあるテレビで試合を観戦する怜と竜華のラブい様子をひたすら映すという内容にしてもらっても全然構わないのが自分ですが。
その場合、大将戦は棄権でいいです(なげやり)。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »