« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第8話『修行』の感想 | トップページ | [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第10話『連荘』の感想 »

2012年6月14日 (木)

[アニメ]咲-Saki-阿知賀編第9話『最強』の感想

すばらさんは良いときも悪いときも反応が「すばらっ」なのかなっ。
本編コミックスの番外編では「すばらくない」という言い回しがありましたけど、今回怜にリーチされたときなどには「すばらくないっ」とは言わなかったという。
あるいはピンチすら勝負事の醍醐味として完全に受け入れてしまっているとするなら、心の底から麻雀を楽しんでいる可能性でしょうか?
その場合、ある意味では相手が強ければ強いほど燃えてくるタイプなのかも。
化け物用の戦力としては実に頼もしい不屈のメンタルで、なんにせよすばらですよ。
遠い三次元の地から活躍を祈りますね……。

阿知賀女子の回想シーン。
おおう。見るの初めてじゃないはずなのにしずが制服着てると「どこの子」状態。
阿知賀女子中等部の制服がいかにも女の子~って感じで可愛いですね。
その可愛さでチーム内の誰か一人でもメロメロにしておけばもっと麻雀強くなれたはずなのに……。
たとえば久しぶりの電話一本で進学先を変えてしまった憧ちゃんなら、顔には出なかったとしても、内心メロメロにするのは容易だと思われる。
ほら、あれでしょう。
幼い頃はさして興味を抱けなかった体だけれども。
小学生の頃となんら変わらない穏乃のぺたぺたした体に、中学三年まで順調に育った憧ちゃんならきちんと欲情できるはずなんですよ!
憧ちゃんはもう大人なんです!
あー、でもそれをいうなら年上の灼お姉さんの体にも欲情しちゃうかもなのかー。

なに書いてるのか自分でもわかんないぞっ☆

ショウマキョウとやらの効果なのか、他三人の能力をすでに細部まで熟知している様子の照。
現場の一局目で相手の打ち方を知り尽くしてしまうとなると、チームの分析役などに頼る必要がないゆえ、どこの学校だとかもう全然関係ない感じですね。
しかも連続和了能力の影響か、和了率はかなりのもののようで、相手が普通の人しかいなければトビ必至の模様。さらに四連続からは右手がうずく。
くっ……鎮まれ、魔の宿る右腕よ……。

その超人的な豪運と殺人的な腕っぷし。照の前では全ての計算が無意味となる。
最強すぎてそろそろ卓が壊れそうです……。

千里山女子の回想。
怜と一緒に帰る途中で元気っこアピールする竜華の可愛さときたら。まるで弱気な主人公をいつも元気付けてくれるギャルゲーの準メインヒロインみたいな美少女ぶりです。
まさに怜の天使以外のなにものでもない。
天国に逝くときは一緒やで……って縁起でもない。
夕焼けのまぶしい帰り道。能力についての怜の告白を聞き、行き過ぎた友情をなお深める怜と竜華。美しい友情はラブシーンと見分けがつきませんね。とってもえっちな友情だと思います。
千里山の前エースのセーラさんも、その言動からなかなかの大物ぶりを感じさせてくれましたけれども。
怜と竜華の回想シーンの中では、正直ちょっとおじゃまでした(ひどい)。

いやあ怜の主人公っぷりが板についてますねー。
しかも「好敵手」と書いて「すばら」と読む――じゃなかった「友」と読むような関係を匂わせる花田煌さんもまさに、最強の敵を倒すために一時休戦して主人公サイドに付いたライバルって感じですし。遠からず卓上にて泥臭い友情が芽生えそうです。
鳴きまくって合図をするすばらさんへの差し込みで照の連続和了を止める怜。
これで連続和了の点数がリセットされるということは、照を相手にするときは照の親番さえさっさと流してしまえばさほど痛手にはならず先鋒を終えられるってことなんでしょうけど、それが極めて難しい場だから苦戦していることは言うまでもなく。

玄ちゃんとか、何もできていないわけですし。
モブってやがる、早すぎたんだ……(修行日数的な意味で)。
ただまあ、事実としてドラを独占しているという状態ではあるので、強すぎる相手のアガり点数を抑える役割をメインと考えるならば、一度もアガらずとも責務はこなしているといえるかもしれません。できるだけマイナスにならずに先鋒戦を終える作戦ということで。
玄ちゃんは今後、阿知賀編を終えたあとにでも、個人の事情と絡めて切り札としてドラを切る場面があったりするかもしれませんが、現状ではドラを切ってしまうとしばらくドラが来なくなってしまうとのことなので、この準決勝でそんなことをしてしまうと相手にのみドラが来て大変なことになってしまいますゆえ。ただでさえアガれないのに相手の平均アガり点数だけぐっと高めになるとか、なにそれ不良娘にタカられるおサイフお姉さんの図。
すべてのドラ娘は玄に集まる!(逃げ出したい)

かがやいてー、ここいちばーん(´・ω・`)
(´・ω・`)
(´・ω・`)
(´・ω・`)

怜とすばらさんはともかく、玄ちゃんに見せ場があるのかが最も気になる準決勝ですね……。

ところでアニメの阿知賀編は全15話であることが公式サイトにて明言されましたけれども、とりあえずテレビ放送について確定しているのは12話分だけで、13話からはどうなるんだか、まだ決まっていないんだそうな。
分割2クールならともかく、プラス3話って、かなり珍しい形ですねー。

|

« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第8話『修行』の感想 | トップページ | [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第10話『連荘』の感想 »