« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第4話『全国』の感想 | トップページ | [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第6話『奪回』の感想 »

2012年5月 7日 (月)

[アニメ]咲-Saki-阿知賀編第5話『強豪』の感想

今回は怜が見る夢、という名の回想シーンからスタート。
千里山女子の二人はなんというか、隙がない感じですね。同校の他の三人もなかなか面白い感じではあるんですけど、千里山について語る際には二人が何かしていれば語る内容に満足してしまいます。

というわけで千里山の二人ですが。

二年のときにはろくに部に出られなかったらしい幽霊部員の怜が、三年のいまエースとして全国の舞台に出ているきっかけのようなものが描かれましたね。
久しぶりに部に出てきた怜を帰りに呼び止める竜華。二人で少し話すことに。
ここで医者からどうのこうのという話があったので、病弱というのは何かのたとえではなく、本当に言葉通りの病弱さなのだということが判明したりもしましたが。
百合的にエリートな二人がその程度の情報で終わるはずもなく。

竜華「あんた、うちと一緒に全国行かへんか」

こないな文脈で用いられる「全国」っちゅう言葉は、この作品においては「恋愛的な意味でとってもいいところ」と同義やさかい、実質プロポーズみたいなもんなんや。
そないな口説き文句が終わったタイミングで、前回に続いて竜華に膝枕してもろてる状態で目を開ける怜さんは、なんや夢を見とったそうやけど、よりにもよって二人の馴れ初めの再現映像を見るとか、どんだけ竜華好きやねん、っちゅー話やな。

二回戦開始。先鋒戦。
玄がテレビに映ると奈良の子供たちが熱狂。相変わらずの子供人気である。
「また三尋木プロかぁ」とがっかりされたみたいな三尋木プロとはえらい違いです。
三尋木プロは子供に人気ないんだろうか。同属嫌悪?

劣勢の玄。
データがあればすぐに違和感を抱いてしまうであろうとにかく目立ってしょうがない玄の能力は、千里山の分析によってすでにバレバレ。
他家に渡るはずのドラすら集めてしまう派手な能力なんだから、何局かのデータがあればすぐにマークされてしまいそうなものであり、大会の途中でバレることを前提に考えておくべきであって、バレた際にどうするかの策が当然ひとつぐらい用意されているものだと信じて疑わなかった自分でありましたが。
だがしかし、策を講じる役割のはずのコーチは、間もなく映った場面で楽しそうに穏乃と追いかけっこをしているのであった。
おいハルエ。無策かよ。

怜は「一巡先を視る者」だと、三尋木プロが選手の能力を推測してバラす。
能力を活かすためにあまりリーチはしないが、たまにかければまず一発。
怜さんはリーチのときはリーチ棒を立てる。茶柱か。茶柱リーチ!

ところで奈良の子供たちは、大好きなお姉ちゃんがズタボロにされる様をじっくり見せられてトラウマにならないだろうか……。

怜の独り舞台を終えて、控え室に凱旋する千里山女子の二人。
体調を心配して腰に手を回してくる竜華に対し、一旦は「全然大丈夫やから」と遠慮するような素振りを見せる怜。しかし間もなく自分から手をつないで体をぺっとりくっつけるのであった。
そして夜の街に消えるアベックのように体を寄せあい、控え室に戻っていく怜と竜華。

いったいお二人はどういうご関係なんですか(吐血)。

ガッツリ指を絡ませてくる怜の行為を受けても竜華に動揺の類が見られないあたり、絶対恐らくたぶんもう婚約してるんじゃないかな。
全国優勝できたら結婚する予定になってるんです。

それにしても怜さんは「この程度じゃこれからも楽勝だな」的な、微妙に死亡フラグみたいなことを口走っていますけれども、どうも自分で立てたそのフラグを他人に押しつけているような気がしてならない。
押しつけられたのは次鋒の後輩なのかなぁ。
怜は一巡先を視るだけでなく、一話先を視る能力も有しているのかもしれない……なんちゃって。

思ってたよりも普通に病弱だった怜さん。
そのおかげで千里山の二人は基本が膝枕状態になっているようですが、もう少しエスカレートすると抱き枕状態になるんでしょうか。
いや、それぐらいならすでにやっているのかどうなのか。

ちなみに千里山女子膝枕組はエンディングでも途中に追加され、麻雀牌に乗って空を飛んでいます。

ふーむ。
試合途中で倒れそうになるくらい病弱っていうことは、怜に限っては大会の途中でリタイアする可能性も十分に考えられると思うんですけど、途中で選手が欠けたチームの扱いってどうなるんでしょうかね。控えの選手を代わりに登録できる、ということだとなんか自由過ぎるというか、決勝あたりまで勝ち進んだチームならどこも少しは各選手の打ち方を見せているという状況で、全くデータが無い選手を出すっていうのはちょっとずるい気がしますし。
もしもそのあたりのことが絡んでくるとしたら、二回戦は順当に千里山と阿知賀が先に進むとしても、次の準決勝はもしかしたら白糸台と千里山が決勝進出する結果になるかもしれませんね。
それで決勝の試合前に千里山が続行不可能になって、代わりに阿知賀女子が決勝進出という形になるかもしれないなーなどと。
まあ、準決勝で終わると思われる阿知賀編で、そんな棚ぼたラッキーエンドはありえないか。

|

« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第4話『全国』の感想 | トップページ | [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第6話『奪回』の感想 »