« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第3話『接触』の感想? | トップページ | [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第5話『強豪』の感想 »

2012年5月 1日 (火)

[アニメ]咲-Saki-阿知賀編第4話『全国』の感想

四話にして個人的には一気にキターという感じでしたYO。
相変わらず対局シーンは短いけれども、今回は「描かれた」と言っていい情報量だったと思いますし。
やっぱりSakiは麻雀があって完成する作品、ということなんでしょうかね。

さてさて、役者がそろってきたということで。
そろそろ本編よりも先に明かされる情報が出てくるようですけれども。
照姉はヒトじゃないという話です。

実はこの星に理想の妹を求めてやってきたエイリアンなんだ。

とかいう意味では断じて無いと思うので、恐らくは麻雀能力についての評価なんだと思いますが。
流れ的に阿知賀編でもその力の片鱗が描かれることになるはずですけど、二回戦と準決勝は上位二チームがその先に進めるという仕組みになっていることを考慮しても、それほど強くない印象しかない今の阿知賀メンバーがしのぎきるのは相当つらそうです。
まったく宮永姉妹は姉妹そろって人間扱いされてませんなー。

入浴中の和と、コインランドリーで私服の咲ちゃん。
この格好の差ときたら。
さすが咲ちゃんは清純派である。

いや別にのどっちが汚れてるとかそういうことじゃないんですが。

さっそく全国一回戦開始。
二本の日本刀を下げた新免那岐の登場。
どう見ても出オチ系女子高生だが、誰もつっこまない件。
あいつら……慣れてやがる……。

新たな解説プロ、三尋木咏。これはかわいい。
わからん知らんと言いながら、自分だけは色々と理解していそうですね。
ってそれは解説役としてどうなんだろうか。
ああ。かわいいからいいのか。

もしも福与アナと組んだらカオスな実況解説になりそうです。
でも解説を放棄しているわけじゃないので、咏ちゃんは必要なときはパリッとするタイプなのかもしれません。
破天荒なアナと組んだら案外めちゃくちゃ真面目になったりしてな……。

千里山女子の空気もいい感じですね。
竜華は意外なまでにキャピキャピしてる元気っ子だったという。
竜華と怜は、第一印象では竜華が過保護気味なのかと思ってたんですけど、この感じだと怜のほうから甘えにいってたりするんでしょうか。
膝枕してもらったりとか。

怜「竜華のフトモモが居心地よすぎて生きるのがつらい(誤訳)」

……独占欲ですかな?
惚れっぽい竜華がよその子に惹かれるたび、怜は彼女のフトモモにくっついて死守するのだー。
みたいな。
よもや病弱を装っているかまってちゃんなのでは、という印象もあります。

阿知賀メンバーの個性についてもそこそこイメージができてきました。
灼と宥はまだこれからですけど。

玄がテレビに映ると奈良の子供たちが狂喜乱舞。
子供たちに慕われているあたり、玄はみんなのお姉ちゃんって感じでしょうか。

憧は見た目のイタズラっぽさとは裏腹に、口うるさい世話女房みたいな感じで穏乃に絡んでますし。

その穏乃ときたら裸ジャージであった。

まあ、Sakiの世界でそういう格好はそれなりによくあることなので……。
露出が少ない分まだマシな方、というか……。

|

« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第3話『接触』の感想? | トップページ | [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第5話『強豪』の感想 »