« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第2話『始動』の感想 | トップページ | [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第4話『全国』の感想 »

2012年4月24日 (火)

[アニメ]咲-Saki-阿知賀編第3話『接触』の感想?

今回はなんといっても小走先輩、でしょうか。
出番は短くてもインパクトがありますよね。
なんせあの自信と不思議な髪型(わら入り納豆と逆さのソフトクリームみたいな)。
そして思わせぶりな描かれ方ですから。無残極まりない。
運によってはまともにアガることすらできないだろう一度きりの舞台で、当たり前のようにドラ7でアガられるとか、もう麻雀やめるレベルかと。

「お見せしよう(中略)王者の打ちしゅじを!」←ここ滑舌かわいくありませんでした?

小走先輩マジかませワンワン。
試合を見ながらだんだん絶望の色に染まっていく後輩、岡橋初瀬ちゃんも不憫でしたね。
けれど試合後、初瀬ちゃんは憧が全国に出発する際に、改めて深まった友情、みたいな向き合い方で見送ってましたけど、もしかして先輩から憧に乗り換えちゃうんでしょうか。
ああ、県予選を小走りで駆け抜けていった小走先輩はこれからどこに小走るのか。
三年生だから来年は高校生としては小走れませんので、いつか再登場するにしても小走りでの散歩姿が描かれるぐらいかも。
さらば王者の小走りよ……。

穏乃と憧は百合的にはどうなのかなぁと懐疑的だった自分ですが、なんとなく、憧が穏乃に対する気持ちを隠している、という形なら妄想いけそうな気がしてきました。
しなくていいとか言われてもしちゃう。

一見子供そのものだった小学生の頃とはずいぶん変わって、大人びた彼女は髪の毛もだいぶ伸び……って。
ほら、髪が伸びるのが早い人はエッチスケッチワンタッチっていう俗説があるじゃないですか。
それに関連づけて、疎遠になっていた期間はずっと穏乃のことを考えていたのだろうか、とか。
あと、穏乃に比べれば計算がずっとできるらしい憧のことだから、別々の中学に上がってから疎遠になるまでには「考えすぎることのできる頭」で色々考えてしまって結局徐々に連絡できなくなってしまったとか、でもそれからもやっぱり元の関係に戻りたくて悶々として云々、みたいな。
憧としては離れても変わらない関係でいられると思っていたところ、別々の中学に上がっただけで完全に予定が狂ってしまったという計算ミスもあったんじゃないかと?
実際のところ、全国進出が現実的な晩成高校よりも、麻雀部すらない阿知賀女子の高等部に進学することを穏乃の連絡ひとつだけで決めたわけで、そこに麻雀よりも大切なものがあったであろうことは想像に難くないわけです。
そして無事元の関係に戻ったあとの憧は、穏乃と憧を妹のように見ていそうなお姉さん(玄)に、密かに恋愛相談なんかしてるとさらにいいんじゃないでしょうかかかかか。
なんだか頭がポカポカしてきましたね……(春)。

三話にしてエンディングがシリアスバージョンに。
歌も映像もかっこいいですけど、ちょっと早い気が……。
咲ちゃんはともかく千里山女子もお披露目されて役者が揃ってきましたし、これからが本番ですな。

|

« [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第2話『始動』の感想 | トップページ | [アニメ]咲-Saki-阿知賀編第4話『全国』の感想 »