« けいおん!!#26 | トップページ | タクティクスオウガ運命の輪の楽しみ方がわかりません »

2010年11月 5日 (金)

冬の日のボーカルって

先日発売されたけいおんのアルバム「放課後ティータイムⅡ」ですが、その中に「冬の日」という曲があります。
その三文字のタイトルが持っている意味はこのアルバムに興味があるような人ならまず知っていることと思いますが、わからない場合はまあ、無理にわかる必要もないというか、そんな感じです。

で、アルバムの中でその冬の日を歌っているのが唯お姉さんなわけなんですが、関連するエピソードを知っている人からは「どうしてボーカルが澪ちゃんじゃないんですか!? しくじったわね斉藤……」と憤慨やら戸惑いやらが聞こえてくるわけなんですね。
自分も最初、えっ、って思いました。ときめきシュガーは澪たんなのに……。

でもですよ、いざ聴いて浮かんだイメージときたら、りつみおが結婚したので納得しました。
……?
説明しましょう。

冬の日は歌詞だけみるとしっとり系の曲かな……? というイメージですけれども、実際聴いてみるとだいぶ明るい曲調でした。なのでまず、唯お姉さんがひやかしついでに歌っている様子が浮かびました。
誰をひやかしているかといえば、当然りつみおです。澪たんは作詞した本人なのでちょっと照れくさいだけですが、いろいろあった律は真っ赤になってうつむいています。穴があったら入りたいことでしょう。
そしていったいどこでひやかしているかといえば、結婚披露宴の会場なんですね。
つまり、
りつみおの結婚披露宴にて、友人スピーチの思い出話のあとに唯が歌いだした曲だったんだね☆ と。

そんな解釈。

|

« けいおん!!#26 | トップページ | タクティクスオウガ運命の輪の楽しみ方がわかりません »