« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の4件の記事

2010年9月28日 (火)

けいおん!!#25

ちょっとだけ過去に戻ってのお話だった今回ですが、魅力がいっぱい詰まってましたね。
ぱっつん唯が再登場したり、澪たんのナース服姿も激カワでした。ひきつった顔が実にたまらない。
そんな澪たんをさわ子の毒牙からかばうりちゅも愛情深すぎて布団がフカフカでしたし。普段はいじる側だというのに、大切な幼馴染のささやかな貞操の危機にはちゃんと守ってあげるとか、どこの素直じゃない王子様なんですかね?
いや、ゆでたまごのようなおデコからして玉子様かな。

ただ、さわ子だけでなくむぎゅうの毒牙もあるんですよねー。どうやらむぎゅうは澪たんに、全米を震撼させるような服を着せることに乗り気のようですし……。
ところで全米を震撼させるような服ってどんな服でしょうか?
今回さわ子が作ってきた衣装は奇抜ではあったものの、デザインで、というよりは露出で驚かせるタイプの服だと思うのですが、単に露出が多いってだけでは州レベルでも震撼させられないでしょうし、そこはやっぱり、テレビでは絶対に見せられないような冒涜的な格好だったりするんでしょうか。
その姿を見た者は例外なく発狂してのた打ち回るほどのオリジナリティ。この世界の多くの人々はオリジナリティというものを誤解しているようだが、人間がすでに在る物を全く使わずに何かを生み出すことなど不可能なのだから、あらゆる物を使った時点でそれはいわゆる完全なオリジナルとは呼べない。真のオリジナリティというのは実のところ、この世界に存在するものから生じるような脆弱にして矮小な想念などでは決してなく、人が触れてはいけない深淵に漂う人外の知識そのものゆえに、そのような、脳が受け入れることのできない膨大な狂気に触れた瞬間、どれほどの人間であっても気が触れてしまうことだろう。
そんなものを着せようだなんて、さすが膨れ女ムギちゃん!
(注:マンボウ的な意味なのでお肉の話とかでは断じて)

トンちゃんが性別不明というのはとても意外です。自分はてっきり男の子だと思ってましたので。まあ、動物の性別がなんであろうが大した違いもありませんが、擬人化的には大変大きな情報ですね。
とはいえ鼻が特徴的なトンちゃんですから、仮に女の子だったとしても見た目はちょっと残念な感じかもしれません。せっかく人間になったのにスッポンモドキだよ! みたいな……。

トンちゃん「ハーイ、アタイスッポンモドキのトンちゃん、チキショウメ!」

ファストフード店での二年生ズも、そっとポテトを追加したくなるぐらい可愛かったですなー。
特に純ちゃんの角度がころころ変わって実にカワユス。
姉に関する情報が出るとごく自然に姉を賛美する方向に意味を捻じ曲げて受け取ってしまう憂ちゃんマジシスコンだし、そのシスコンぶりに引かず真っ直ぐ受け止めては自然に返してあげる純ちゃんときたら彼女のことを理解しすぎだと思いました。さてはお前ら付き合っているな?
憂ちゃんのシスコンというのは、個人的な解釈では前にも書いた通り、お姉ちゃんのことを好きな人がいくらいようがヤンデレにはならない、というタイプのシスコンだと思うんですよ。お姉ちゃんを好意的に見てくれる人はみんな義理姉妹、みたいな感じで。
しかしお姉ちゃんを貶める人にはどうだろうね……?
やれやれ、血生臭いな。

軽音部の新入生勧誘ビデオも良かったですネー。
できあがった映像が迷い猫同好会のPVみたいな内容じゃなくて本当によかった。
内容的にはモブが目立っていたので、軽音部の勧誘ビデオというよりは桜高の入学案内という感じでしたが、もうとにかくこれでモブとか本当ありえないよねって感じですよね。モブメインのスピンオフ作品を最低1クールやるべきだと思いますぞ!

若王子に定評のあるいちごちゃんは「軽音部? 私は関係ないけど、別にいいんじゃない?」と、軽音部に興味なさそうに振る舞いつつも、以前の話で(といっても時間の流れ的には今回よりも後でしたが)下級生である梓ひとりを見ただけで「あ、軽音部」とわかる程度には軽音部に詳しいようなので、わりと気に入ってるのか、けっこう気にしてるのか、それとも単に目立つグループであるから記憶に残っていただけなのか。どうなんでしょうか。

告白顔に定評のある宮本アキヨちゃんは軽音部に対して、卒業時と同じく「えっと……おもしろい人たちです」という感想を述べるのであった。おや……若干矛盾のようなものが感じられたが、気のせいでしょう。
人に対しての感想とバンドに対しての感想は、受け取り方が違うということでしょうかね。
それにしても視線の逸らし方が危険だ。思わず勘違いしてしまうじゃないか。

オカルト研の二人のやりとりも地味にキマシタナー。
オカルト研A「軽音部は桜高のオーパーツだと思います」
オカルト研B「コスタリカの石球的な?」
オカルト研A「うん」
このうん、がやけにキュートでした。

上記の面々が良かったのは書いてある通りですが、勧誘ビデオのなかで特に可愛く感じられたのはバレー部でした。
三花のトス? アカネのスパイク? 瀧エリのレシーブ?
自分はバレーについてはほとんどわかりませんけれども、そうか、アカネが攻めて、瀧エリが受けるのか……。三花みゅんを仲人に二人は結婚したんですね、それだけはわかります(憂ちゃん並の曲解)。
瀧エリの健康的美少女ぶりはすごいですね。一見落ち着きを感じられる大人っぽい子と仲がいいってのがまた百合欲をそそるわけで。なんとなく行動力が高そうな瀧エリに、なんとなく世話焼きっぽいアカネが付いていく形で二人はいつも一緒にいるんじゃないかなー、なんて想像するわけです。
そんな二人でしたが、「あなたが犯人だったんですね」よしえが断腸の思いで彼を問い詰めると、「そうだ、俺がやったんだ」哀しげな目を伏せながら白状したけんいちは、懐から取り出した小さな箱をおもむろに開けて「これ、渡せなかったな」と美しい宝石のついた指輪をよしえに見せた。「本当に、ばかな人だわ」涙ぐむよしえはそれ以上彼に言葉をかけることはなく、震える指でAK-47の引き金を引いた。

今回は他にもいい場面がいっぱいあって。
唯が律に「会話に参加しなさい」って言われるちょっと後の場面で、澪たんと思われる人物にむぎゅうがナースキャップをかぶせてもらう場面とかあって超萌える。律を中心とした三角関係にも思える友人関係の二人が仲よくしてるのってすごくいいと思うんですよねー。
いわば二人は好敵手と書いて愛人と読む関係です。違います。

最後にあずにゃんが「軽音部にようこそ……ニャン?」と苦し紛れにぶりっ子ぶる場面で、あずにゃんと同じポーズをとっている唯にゃんに激萌え。
あれはもうあれだよね。唯にゃんがあずにゃんを可愛がるそれっていうのは、子供を愛でるとか、愛玩動物を愛でるとか、そういうときのそれだよね。歳の離れた姉が幼い妹を溺愛するかのごとく。
ああ、やっぱり唯はお姉ちゃんなんだなあと、ねえ。
感慨深いものであります。

さて、残るはあと一話ですか。
とりあえず原作4巻を買ってこよう……。

|

2010年9月18日 (土)

けいおん!!#24

いい最終回でしたネー。
これまでの流れからするとあずにゃん一人が置いていかれる感が強くて、もっとあからさまに涙乱れ飛ばす展開で来るのではと警戒していたのですが、三年生ズが最後に演奏した新曲できちっと「卒業は終わりじゃない」「これからも仲間だから」と、あずにゃんを連れてってくれたので良かったですよ。
あずにゃんが捨てられなくて本当によかった……。
あんなにペロペロされていたのに、卒業した途端に過去の女扱いだなんて悲しすぎるもんね。
作詞が三年生みんなでというのも泣けますなー。
梓のために作られたというその曲名は「天使にふれたよ!」なわけですが、天使にたとえられる後輩だなんてどんだけ小悪魔なんだあずにゃんは。

そんなあずにゃんさん。
式の前に、卒業生が在校生に花をつけてもらう場面がありましたが、ご都合主義的に考えると唯につけるのが必然かと思われたあずにゃんは、なんと無名のモブにつけるのでありました。
つける人が決まっていたのかな?
それとも、唯たちに直接つけると泣いてしまいそうだったから、わざと避けたとか。
それにしてもモブながらいいお姉さんだった……。

教室でもモブっ子が活躍してましたね。さすがは卒業回といったところ。
軽音部と記念写真を撮りたいモブっ子の、まるでたどたどしい告白のような好意の言葉もよかったですけれども、卒業証書入れをスッポンスッポンして「この音好きー」と言う唯に、これが本物の天使か……と呆けてしまうほど優しく微笑み返す姫子に泣いた。
彼女にとって唯がどういう存在であったかは、きっとあの笑顔に集約されているのでしょう。
姫子×唯もいいと思いますが、個人的には姫子×さわ子を推したい。
その方向で考えると、教室でさわ子に向ける物憂げな視線は、間に合わなかった後悔から来る溜息のような視線だったのかもしれない。そんな沈んだ気分を、いつも明るい隣の席の子が、別れを感じさせないいつも通りの様子を見せて癒してくれた、とか。
なんか表情から想像するに、けっこう押しが弱そうな印象もなんとな~く受けるので、本人にとって肝心なことは何も言わずに去っていくような子だったりしないんでしょうかね。
まあ、わかりませんね。なんせモブだからね。

最後に「おしまい」の四文字が描かれて、アニメのけいおんは終劇と相成りました。
でもまだ、次回と次々回には番外編をやるそうで。特殊な構成ですね。
それらが後日談だとするならば、新一年生にペロペロされるあずにゃんを見られるということなんでしょうか。
飴みたいだなあずにゃん……。

以下、先輩たちがちゃんと絆を残してくれたとはいえ、しばらくは寂しさもあるでしょうあずにゃんを想像したらこんなことになりましたの図。

|

2010年9月13日 (月)

戦場のヴァルキュリア2をいまだにやっているとは自分でも驚きです

今年の1月にやりはじめた戦場のヴァルキュリア2ですが、今でもまったりやっていたりします。
セーブデータによると、現在までの総プレイ時間は143時間だそうです。
そんなに好きか、と。
いやね、成長要素が薄いゲーム内容なので、最終的な総プレイ時間はせいぜい80時間ぐらいになるだろうなと思っていたのですが、お気に入りのキャラがついている兵種の武器を開発していくことによって、意外といい感じでそのキャラを贔屓したりできるんですよね。それがいい具合に成長要素になっているという。
武器の開発は素材集めが大変なので、そのあたりに時間を費やしたのかな?
あとは、お気に入りのキャラがなれる全兵種のポテンシャルを覚えたりとかですかね。
やりこみ要素はけっこうありますね。

自分が贔屓しているのはエイリアスです。月並みな表現ですが美少女です。
設定上は凄まじい力を持つエリたんなのですが、そこらの設定をそのままゲームに持ち込むとゲームバランスが完全に崩壊してしまうため、ゲーム中の能力は極めて普通になっております、不遇です。
ただし射撃値はふざけてるので、射撃の精度は非凡だったりします。それでも攻撃的なポテンシャルの発動条件がやや厳しいためか、総合的にはいかんせん地味です。

自分はそんなエリたんを対戦車狙撃兵にしておりまして。
対戦車狙撃兵といえば、基本の武器で運用すると対人では攻撃力が物足りなくて、だいたい戦車などの対甲専用といった感じの使い方になると思うのですが、ガットDシリーズの開発を進めていくと対人でも十分な攻撃力になりますので、長射程アンド対人・対甲どちらもいけるというのは、役に立つ場面が多くてかなりいい感じです。
射撃値が超高いということで、相手が避けさえしなければどれだけ距離があっても外すことはありませんし、本当に頼りになります。
そんな感じで攻撃役として大活躍しているだけに、ひとつぐらい対人攻撃大アップとか、能動的で使いやすいのが欲しかったナーと……。

有用ポテンシャルばかりのコゼットと比べるのは間違っていると思うのですが。
楽奏猟兵にしているうちのコゼットは、強力な武器であるバイパーA-Fを装備していることもあって、連続攻撃+「世界ってこんなに美しかったんだね(再行動)」によって一度の行動で何人もの敵兵をぶち殺します。おまえ一応正ヒロインなのにどんだけ終末的な美的感覚してんだよって感じです。
さらには不可避射撃でときどき相手の回避を無効化するのに加えて、連続移動で長距離移動もできるという、まさにポテンシャルに愛された女。
誰を行動させるか迷ったらとりあえずコゼットでいっとこう、みたいな使い方になってます。
楽奏猟兵なら味方の強化もできるからすごいね。

でも可愛さではエイリアスやリコリスに負けるけどね。

まあコゼットも可愛いんですけどね。
人気投票では14位だったけどね。
寝起きコゼットもポンコツ可愛いです。重迫撃兵にします。

|

2010年9月 9日 (木)

けいおん!!#23

うぐぐ……。
最終回という文字を見るだけでこれだけ寂しくなるなんて……。

日常系で学園が舞台になっているものは、どういうわけか卒業がことさら寂しいのですなぁ。
あずまんが大王の原作も、最後の方はなんともいえない寂しさがあったし、この感覚はいったいなんなのだろうか? 自分の記憶と重ねているわけでもありませんし。
というか、この感覚を珍しいと感じるぐらい、自分は日常系の作品を見ていなかったのだろうかと意外に思います。自分は日常系の作品は好きなはずだし、そういう作品は数多く存在すると思われるので、触れる機会は決して少なくないはずです。
うーん……自分が好んでいる作品のなかにも確かにそれなりの数の日常系があるのですが、学園が舞台のものが少ないのかナー。
「それでも町は廻っている」は町が舞台だし、「よつばと!」はよつばが行くところが舞台だし、「みなみけ」は南家が舞台だし。
どの作品も主人公の年齢などに影響を受けず、不変でいられるところが舞台になっているようです。
いや、どれもまだ終わってない作品ではあるのですが、たぶんこれらの作品の最終回が近づいたとしても、寂しさはあまり感じないと思います。なんとなくですが。
学校が特別な場所という扱いでなければ、卒業があってもさほど寂しくはないものなのか。
けいおんも、誰かの家を舞台にすれば問題なく続けられるということですかね。
大学が一緒ならいっそ、元三年生みんなでハウスシェアすればいいと思いますぞ?

あずにゃんは部室で休憩するたびに、先輩たちのことを思い出すのだろうか。
三年生ズの卒業時点でみんなが婚約でもすれば、きっとまた違うノリの学園生活になるんでしょうけれどもね。
卒業したら中野梓は、平沢秋山田井中琴吹梓になります、とか(複婚)。
先輩たちとの結婚を近い将来に控えて、義理の妹(憂)たちと過ごす一年の学園生活……。
憂ちゃんからは早くも「梓お義姉ちゃん」とか呼ばれるわけですか。

……。
まあそれはともかく。

とりあえず今回は、唯が机の整理をしたときに出てきた、授業中にりっちゃんから回ってきたという手紙の数々を、むぎゅうが「ソレ、ミンナ、ワタシ欲シイ!」と思わずカタコトになっちゃうぐらい情熱的に欲しがる場面があったので、やっぱりむぎゅうはりっちゃん大好きでかわいいですよね。
あれどうするのかな。
食べるのかな?

「ムギちゃんは何かない? やり残したこと」と唯がむぎゅうに訊く場面では、
「私、りっちゃんと校内○○○○したい!」
とか言い出さなくてよかったですよ。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »