« けいおん!!#20 | トップページ | けいおん!!#23 »

2010年8月28日 (土)

けいおん!!#21

今回はとにかく澪→律←紬がひどかったですネー。
「ホントサラサラね、りっちゃんの髪」
「ずっと触ってたーい」
と言いながら両手でりちゅの頭をナデナデするむぎゅう。同じように髪をいじっていたゆうぃのときはそんなこと言わなかったのに、ずっとだなんて、これはあまりにもプロポーズすぎて生きるのが辛いから絶命するほど萌えキュンdeath☆
そしてりちゅの髪をいじる仕上げにカチューシャを付けてあげるむぎゅうでしたが、ベストな位置がいまひとつわからない。
そこをすかさず澪たんがバトンタッチして「この辺」と一発で合わせてくる。
感嘆の声を上げる一同。
もうね。りちゅの髪をずっと触っていたいむぎゅうはりちゅ好きすぎだし、カチューシャのいつもの位置を熟知している澪たんはさりげなくりちゅの正妻を主張しているし、この三人は重婚間近だなと思いました。
むしろなぜ未だ未婚なのかが理解できない。
ちょっと法律訴えてくる。

恋愛感情の可能性とか一切抜きにしても、とても仲がいいとわかっている幼馴染の前であれほどいちゃいちゃするむぎゅうの行為は、むぎゅうと澪たんの間に火花が発生しかねないリスクある行為だと思うのですが、いかがでしょうか。独占欲云々みたいな感情って、友人関係でも発生するものですよ実際……?
まあむぎゅうだったら、「私、間女になってみたかったのー」とか言っちゃうかもしれない。
ドロドロの昼ドラとかも好きそうだもんね。

さて今回は本当に、節操のない自分のような「×」好きにはたまらない回でした。
姉に扮して「あーずにゃーん」と、あずにゃんに抱きつく憂ちゃんですって、オクサン!
「梓ちゃんに抱きつくの一度やってみたかったんだ」
などと、姉に比べれば甘さはやや控えめながらも、普段スキンシップなんてほとんどない二人ですから、これはちゅーにも等しい行為ですねと誇張して止まないテレビの前の難儀なお友達がここに一人。
平沢家は姉妹そろってあずにゃん大好きなんでしょうか?
ええい、このあず充姉妹め。
あず充ペロペロしろ!(意味不明!)

これだけでもあずにゃん分はけっこうなものでしたが、まさか先輩二人が挟んでペロペロ(比喩表現)する場面まであるとは、今回は稀に見るペロペロ回だったのではないでしょうか。
三年生が部活から引退する時期。軽音部の三年生たちも部室に来なくなるのではないかと、急に不安になってしまったあずにゃんは、覚めかける幸せな夢を追いかけるように部室へと走る。
しかしそこにはゆるゆるな、いつも通りの軽音部の光景があった。
息を切らした後輩を見て内心を察した律と唯は、二人で挟んであずにゃんをペロペロ。
なんというキュートさか……。
ダ、ダブルペロペロだと……。
奴に最も効果のあるペロペロだ。
ダブルペロペロエクストリーム。

唯が前髪をバッサリいく一連の流れはセリフ含めてみんながやたらかわいかった印象です。
それにしても前髪パッツンになるだけで、いきなりモブっぽくなるものですね。木Gからモブキャラへとランクアップー☆
個人的にはパッツンの方がかわいいと思うなぁ。

ところで、ツインテール唯を見たときの、秋山澪ファンクラブ会長こと和さんの一言ですが。
「うん、こういう犬、見たことあるわ」
こういう言葉がごく自然に出てくるっていうのは、普段から幼馴染のことを人間として見ていないということでしょうか。もし恋愛関係の相談を受けたならば「ああ、発情期だもんね」とか真顔で言いかねない。自宅には幼馴染用の犬用トイレとか置いてないだろうか?
しかし彼女のそんな一言は新たなる時代、唯わん×あずにゃんの幕開けであった。
かわいいワンコが美少女をペロペロ。まさに合法ペロペロです。

軽音部三年組の進路がみんな一緒になったようですが、唯・律・澪の三人が進路希望用紙を提出したときのむぎゅうの喜びようといったら……。
何かがほとばしりすぎて「むぎゅうはおかず」って替え歌を書きたくなりました。

つむぎはすごいよ なんでも運ぶよ ムキムキ
キーボード 機材に 部員全員 軽トラ
深窓令嬢と 脳筋令嬢の 夢の(夢の) コラボレーション(あらあらまあまあ)
つむぎはすごいよ いないと困るよ むしろつむぎが私だよ
百合カプ厨ならやっぱり 田井中律×紬 でも私 律澪信者なんです(どないやねん)
いち、に、さん、し、た・く・あん!
いち、に、さん、し、た・く・あん!
むぎゅうはすごいよ いないと困るよ むしろむぎゅうが私だよ
百合カプ厨ならやっぱり 山中さわ子×紬 だけど所詮は どマイナー?(どないやねん)
いち、に、さん、し、た・く・あん!×4

|

« けいおん!!#20 | トップページ | けいおん!!#23 »