« けいおん!!#19 | トップページ | けいおん!!#21 »

2010年8月21日 (土)

けいおん!!#20

そ、そそそ卒業おめでとうございます(まだ早い)。

学園祭ライブ終了後、軽音部の三年生たちは今の仲間たちでする最後のライブが終わってしまったという事実を興奮の余韻で誤魔化そうとするも、徐々に込み上げてくる抗えない寂しさに溢れてくる涙。そして泣き疲れて全員眠ってしまいましたけれども、その場面の最後ではなぜか、唯と律がお互いを求めるように手をつないでいたという……ここで唯律とは。
律澪といえば、もう鉄板すぎて将来が約束されているようなものですし。
律紬といえば、芽生えた淡い気持ちを大事に育てていくラブストーリーのようなものですし。
律唯といえば、気の合う仲間と毎日を過ごしていくうちに、その関係がいつのまにかただの友人から恋人未満へと変わっているような青春ものですし。
まったく田井中部長の軽音部ハーレム化が止まりませんね。
と言っても、みんなが嫁というよりは、みんなの嫁って感じですが。
とんだ愛されガールであります。

それにしてもライブ一曲目が「ごはんはおかず」とは。
あれって採用されたんだ……。
でも「いち、に、さん、し、ご・は・ん!」のところがキャッチーでいいですね。
もしもテンポゆるめな曲だったなら聴くに耐えない歌詞だったかもしれないけれど、曲がけっこう速めなことで歌詞のそれぞれの部分が擬態語的というか、意味のある歌詞って感じがしなくて、声が楽器の一部として使われるような原始的なわかりやすさが感じられるような気がします。
あの歌詞がこうなることに驚きモモノキです。

ライブシーンは置いといて、今回最大の見所はここでしょうね。
田井中部長の背伸びですよね。
ライブ中、唯の提案によって前日の演劇をセリフだけ再現するという流れになり、澪のロミオのあと、澪が立っていた場所のマイクでジュリエットを演じることになった律。しかし澪に合わせられたマイクの位置は少し高く、律はつま先立ちをしなければならなかった。
という場面でしたけれども。
みなさん……これがどういうことかわかっているんですか?
これって律澪が立ってちゅーするときのりっちゃんの体勢ってことですよ?

い、いやらしいわあ!!!

いわばあれは律澪のちゅーそのものだったわけで、そんな風に見えてしまった人はいますぐにご飯を炊いて、KBK(このブログの管理人)と一緒に、ごはんをおかずにたくあんを食べましょう。
ちなみにKBKは、漬物ならたくあんよりも、きゅうりのほうが好きです。
ムギちゃんの眉毛がきゅうりだったらよかったのに……って無茶言うなよ。

|

« けいおん!!#19 | トップページ | けいおん!!#21 »