« まほうしょうじょ | トップページ | けいおん!!#20 »

2010年8月14日 (土)

けいおん!!#19

今回のロミジュリはあがりやすい澪たんが主役ということで、演劇中にはその関係で何かトラブルのようなものが発生しても何らおかしくはなかったですけれども、特になにごともなく終わりましたな。まったく澪たんは本番に強い子だ。
そしてなぜボクらのむぎゅうは自重してしまったのか。
むぎゅうなら、ボクたちのむぎゅうなら、りつみおにもっと恥ずかしいことばかり、言わせられたのではないのだろうか!
「ロ……ミオ、だめよ、木Gが見ているわ……(←なぜかロのあとにため)」
「誰が見ていようが構うものか。リツ、君を愛しているんだ(←さりげなく演者の名前が書いてあるひっかけ台本)」
想像してみるに、こんな風にひっかけまくってりつみおパラダイスだった練習風景は恐らく、むぎゅうが隠しカメラでばっちり録画してあって、個人的利用の範囲で楽しんでいることでしょう。
おのれむぎゅう……謀ったな!

なにはともあれ、りつみお的に美味しいシーンがもう少しあってもいいような? なんて気もするロミジュリでしたが、幼い頃の未熟な二人がやったらきっといろいろあったのでしょうね。
つまり、二人ともちゃんと成長しているということでしょうか。

今回はモブがいっぱいでしたが、恐れていたことがついに起きてしまいました。美少女ぞろいのモブたちにまとまった出番を与えてしまったなら、メインのかわいさが霞んでしまうという懸念が。
それみたことか。しずかちゃんなんていう小さな美少女にメイン級の出番を与えてしまったから、次回から作品名が「みじんこ!!」になっちゃうじゃないか。
そこまで小さくないか。
でも、さわ湖に生息しているってイメージで、先生大好きっ子だったりするといい。
あのオカルト研に友達がいるということは、それ系の話もできる子だったりするのかもしれない。さわ湖のハートを射止めるために、恋のお呪いとかやってたりしないだろうか。
いや、そんなことマジないから。
……。
まじないとかマジないから。
……。

律「なぜなら今日は……てちゅやだからー(・ω<)あっはっはー」
唯「今夜は寝かさないぞ、子猫ちゃん(・ω<)☆」
このときに律と唯がした閉じっぱなしウインク、どちらも片目がぷるぷるしてたのがキュートでしたね。
あと、寝袋に入ったあとで「隙ありっ!」って叫びながら、あずにゃんに向かって迅速に転がるいもむし(唯)の場面はやたらかわいかったし、もうみんな部室に住めばいいのに。
そして時は経ち、軽音部のみんなは引っ越しましたが、いつしかその場所は怪談的な存在となっていました。夜な夜な元軽音部の部室から聴こえてくるのは、聴こえるはずのない「アライグマが洗った恋」。それを聴いてしまった者は、眠りにつくとき、決まって不思議な体験をするそうです。
ひとつ聴き終わっても「まだまだあるよ……」と、元桜高軽音部のA・Mさんが書いたと思われる、とても口には出せない衝撃的な内容の歌詞を次々に聴かされるという恐ろしい怪異。かつて同じ部の仲間であったA・Z・Nさんが読むのを躊躇ったといわれるほどのそれは、聴き手の精神に甚大な歪みをもたらすのだといわれています。視線は彷徨い、頬は紅潮し、動悸が止まらなくなるそうです。
在校生の噂によれば、部の新曲に自分の歌詞が採用されなかった未練から、今も桜高に留まっている生霊なんだとか……。

という嘘っぱちは置いといて。
二話で完結するかと思っていたら、次にも続くんですなー、意外です。

|

« まほうしょうじょ | トップページ | けいおん!!#20 »