« けいおん!!#13の感想 | トップページ | 『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~』をノーマルでクリアした感想 »

2010年7月 9日 (金)

けいおん!!#14の感想

オーウ、ジャパニーズgirlsloveすごいデスネー……。
我々のクニではゴホウビデェス。

というわけで今回はりつむぎのデート回だったわけですが。
どこかノスタルジックな夏の一日で、ボーイミーツガールというか、ボーイッシュミーツガールという感じで女の子同士の美味しい関係と双方の魅力が描き出されるこの感じ。仮に制作側が百合を全く意図および意識していなかったとしても、百合だなぁと言わざるを得ません。
なんだあの二人は、バカップルやないか! バカップルやないか!
実はもう入籍済ませてたりしない? しないよね、うん。

「抱き締めてもよかですか!」
と言いつつ本当に抱き締めないのは、相手のことが好きすぎて肋骨の5~6本折ってしまう自信があるからなんですねわかりますムギお嬢様。
あなたの筋力でゆいあず式スキンシップはまずい。

新オープニングでは「だいすき」のところで唯→和でぶちゅーしてるし。ほっぺたとはいえ、あの幼馴染コンビだとそのくらいは日常茶飯事なんですかね?
新エンディングでは律は前髪下ろすなよ、かっこいいだろ……。

本編では他にも、ムギにケーキの苺を食べられた澪たんのガチ泣きがかわいかったですなー。若干の震えの他にはまぶたすら微動だにせず、無垢な涙腺から大粒の涙を放出しつづける澪たん。もはや可哀想とか痛々しいなどを通り越してキモカワイイというレベル。澪たんマジオカルト。

事件とかが何も起きていないというのに、回が進むごとに各人物の魅力が深まってくるってのはすごいなぁ。ひとつひとつの些細な出来事への各人物のアプローチがいいのかもしれない。それぞれの価値観の違いを丁寧に描写していくことによって、各人物には自然に大きな差が生まれてくるって感じで。
最初の頃は正直テンプレ気味かなーと思っていたキャラ造形が、今では新ジャンルにすらなりつつあります。主に澪たんがそう。あれだけ残念な子はそうそう見られないと思いませんか?

|

« けいおん!!#13の感想 | トップページ | 『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~』をノーマルでクリアした感想 »