« けいおん!!#11の感想 | トップページ | けいおん!!#13の感想 »

2010年6月24日 (木)

けいおん!!#12の感想

■ 合宿に行こうという話から夏フェスに行こうという話になった軽音部だったが、チケットの調達で問題が発生。しかしそこに顧問のさわ子、さすがさわ子痺れるぜさわ子、何故か夏フェスのチケットを人数分持っていたさわ子は「さっすがさわちゃん!」と律に褒めそやされて「えっへん」と自慢げ。
ただしそれは軽音部用ではなく友人たちにキャンセルされた分らしい。複数人いたはずなのに連鎖的に全員キャンセルされたさわ子先生の交友関係がやばげな疑惑のチケットであります。
勝手に平沢家に入ってまで誰かと一緒に行きたかったのか。キャンセルされたさわ子はせつなくて同行者を想うとすぐ不法侵入で少女たちを誘っちゃうの。
そして夏フェス当日、前日にライブに行って朝まで飲んでそのまま来たさわ子である。
呆れる軽音部の面々を前に、ぐったりしながらてへぺろ(・ω<)
あざといさすがさわ子あざとい。
学校では優しく凛々しい美人女教師。過去には地獄の女ボーカル。しかしてその実体は?
行き遅れが危惧される怠惰なおねーさんであった。
三面性おいしいです。
大人気だけど大人気ない山中さわ子さんであります。

■ ドライブインで高原濃厚牛乳ソフトを買った唯に「あずにゃんも食べてみなよ」と差し出される梓。すでに口は付けてあるらしく、ここで梓が口を付ければ間接キスになる模様。かつて純ちゃんに飲みかけのジュースを差し出された際、なんのためらいもなく濃厚な純エキスが付着したストローに口を付けた子とは思えないほど今回は微妙なためらいを見せるあずにゃん。
「いただきます」おずおずと一口。まさか意識しているからなのか……?

■ ムギちゃんの焼きそばへの情熱はとどまるところを知らない。脈絡もなく焼きそばを連呼し出すお嬢様は焼きそばと添い遂げる勢いだ。このままだと琴吹家の跡継ぎは焼きそばです!
結婚式での誓いのキスの際、新郎を食べ始める新婦。まさかのR-18G。

■ 張ったテントの中に早速入っていくむぎゅうううううううう。
「ヤッホー」「ちょっと暑苦しいけどすてきー」
「でも背中いたーい(はぁと)」
軽音部のほんわかお嬢様は本日も絶好調であります。ムギの活躍が多すぎてムギ脳になってしまいそうですね。
その後もみんなへの「そうだ、虫除けはした?」というさわ子先生の問いかけに、なぜか一人ハッとして「虫除けスプレー入りまーす」とスプレーを取り出すムギ。
なにこれ仕込み? さわ子がムギを自分色に染めてしまう伏線なの?
なるほど。特定の部員と深い仲になることなく来たおっとりお嬢様が実は顧問とデキていたっていうのはなかなか王道の展開かもしれないね。あのどこでも何でも楽しんでしまう懐の深さというかある意味での落ち着きっぷりは、世間知らずのお嬢様だからではなく妻帯者の余裕だったってことか……すげえなさわむぎ。
これまでのさわ子先生の彼氏が云々っていうのは、ムギが在学中に二人の関係がバレないための嘘なんじゃないかと思い始めるぐらいの一幕でした。はい、どう考えても飛躍しすぎですね。

■ 夏フェス開始と同時にはしゃぎだす澪たんもとても可愛らしいですな。今回はりっちゃんが保護者になってしまうぐらい危うくて、左利きのギタリストを見ては「変な感じだな!」と大はしゃぎ。出番の半分ぐらいは挙動不審だったような気がしますが、そんな不安定さが彼女の魅力なのさ。
というか、今回はへたすればまとめ役があずにゃん一人になってしまう可能性もあったんですな……。
フリーダムさわ子が復活したからよかったものの、もしもダウンしたままだったらテントの設置すらままならなかったのではないだろうか。

■ 今回は夏フェス回ということで全体的に暑さと躍動感があったせいか、体に注目せざるを得ない回でしたな。澪たんの豊かなふくらみを筆頭に、さわ子先生も熟れた女の本領発揮というか……。あずにゃんも一日でこんがり焼けてしまって魅力的だけどひりひりする肌が痛くて泣きべそ顔になってしまうところが捨て猫のようにキュートで生きるのが辛かったし。憂ちゃんもほんのちょこっとしか出番が無いというのにやたら扇情的な上半身の生肉がセクシーすぎて次回の水着回まで生きているのが辛い。
こんなに生きるのが辛くて自分はこの先生きのこることができるのか?
ら、来週まではなんとか……。

|

« けいおん!!#11の感想 | トップページ | けいおん!!#13の感想 »