« けいおん!!#7の感想 | トップページ | けいおん!!#9の感想 »

2010年5月26日 (水)

けいおん!!#8の感想

■ けいおんに限らず学園物で卒業を匂わせる話が出てくると、そうか、もう少しで終わっちゃうんだなぁと感じて、寂しくなってしんみりしてしまいますな。2クールらしいからあと10話以上もあるというのに、なんとも気の早い話ですが。
でも卒業をエンディングとしてきっちり終わっておいたほうが、良質な余韻が残っていい作品として終われるかと思うので、その方がきっといいのでしょう。惰性で続けて落ちていく作品を見るのは、それはそれで切ないものですから。
しかしここはあえて、無理なく続けられる方法を考えてみませう!

[A] 卒業後、ムギがみんなを囲ぅ――メイドとして雇う。
これだといくらなんでもムギちゃんが便利すぎるし、もはや作品の原形をとどめておりませぬ。

[B] 高校が急に6年制になって、卒業まで3年延びる。
別に6年じゃなくて9年でも15年でもいいんですが、とりあえず二倍にしてみよっか☆ みたいなノリで。サザエさん時空の変異型といえるかもしれません。時間はちゃんと進むので、高校10年生とか普通に出てくる。え? 学費ですか? 知りません。生活費? 知りません。生徒が年々増えていく学校の敷地が周りの土地を侵食しすぎてみんなの家がやばいんですけど? 知りません、学校に住んでください。

[C] 卒業までやったところで夢オチ。みんなの関係の深さだけは卒業近くのままで、唯が高二の朝に目覚めてそこから再スタートする。
関係や状態の変化が緩やかな作品だと思うので、ある程度までなら時間を戻したところで特に違和感はなさそうだから、わりといけそうな感じがしますけれども、割り切って観られる人がよほど多くない限り、最後はまた夢オチなんだろうなーと冷めた目で見られてしまい大失敗に終わる気もします。

こんな感じでいかがでしょうか?
はい。ろくでもない三択でしたね。

■ タコナシ焼きは自分も食べたことあるけれど、作中のみたいにちゃんとしたタコナシ焼きじゃなかったから、衛生面の問題でお腹壊しましたナー。
みなさんも、食べるならちゃんとしたタコナシ焼きをオススメします。
さらにタコが入っていれば、言うことなしです。

■ 昔の作文の話になって慌てて助けを求める澪に、まっすぐな瞳で無情にもとどめを刺すあずにゃん。あれは野生に帰った捕食者の目だったね。澪たんはもうすぐ食べられてしまうんだ。果たしてあずにゃんが満たすのは、三大欲求のいずれであろうか。
先週今週と、あずにゃんの伏兵っぷりが光ってますなー。

■ 可愛いもの好きな自分が、小学生りっちゃんと澪たんのやりとりに軽く爆発したことは言うまでもありません。
まだ友人関係ではない頃に、本を読んでいる澪をじーっと見つめる律。そんな視線に気付いた澪は目を向けるも、恥ずかしがってすぐに逸らしてしまう。しかし気を引けたことをコミュニケーション開始の合図として、「なによんでるのーっ!」「ねえ、みせてみせてー」その後も「みおちゃんて、えもうまいんだー」「すーごい、ひぁくてんだぁー」と猛攻をかける幼いりっちゃんの、ちょっとがさつなちょっかいの出し方がたまりませんな。

■ 小学生時代に澪にしていたことを「それっていじめじゃないんですか?」と梓に言われた律の発言「違う違う。小学生のときって、好きな子にちょっかい出したくなるじゃん? あれだよあれ」。
え、それなのそれ……?
この発言に対してその場にいる全員は無反応だったけれど、この瞬間みんなが何を考えていたのだろうと考えてみる。

梓(うわぁ、恥ずかしい)
澪(つっこみ損ねた……)
唯(わかるわー)
紬(あらあらりっちゃんたら)
和(えっ、今のなに)

あれは本当に、軽く流していいところだったのだろうか。
はっ、もしや周知の事実……?
のろけかちくしょう、リア充結婚しろ!

|

« けいおん!!#7の感想 | トップページ | けいおん!!#9の感想 »