« 4月20日の怪談レストランのレイコちゃんの感想 | トップページ | 5月4日の怪談レストランの感想 »

2010年4月24日 (土)

咲ポのプレイ状況

ゆっくりやっている咲-Saki-Portableですが。
ストーリーモードは既存のストーリー部分をすべて完了。
チャレンジモードはすべてクリア。

ストーリーモードクリア時にスタッフロールで開発会社を見てみると、開発は麻雀ゲーム開発経験のある「童」でありました。
それを知って、麻雀部分のデキに関してはなるほど!
と思ったけれども。
ストーリーモードの演出のデキに関しても、なるほど……。
と思ったりしたのでした。
まあ、完璧ってのはなかなかね。難しいでしょう。
餅は餅屋といいますが、咲ゲームの一作目は麻雀屋だったということで。

さてさて、これまで個人戦しかやっていなかったフリー対局の団体戦をやってみましたが。
あれ、メンバー自由に変えられないんだ……隠しキャラは個人戦のみとは。
オールスターでやってみたかったのでいささか残念であります。

それにしても、清澄は強いな!
タコスとそめやんが相手のときにしっかり削っておかないと、50000点くらいならあとの三人で簡単に取り返されてしまう感じだわ。
他校も弱いなんてことは決してないはずなんだけど、とにかく咲と部長が強すぎるのよね。

その二人がどんだけ強いのかっていうと。
フリー対局個人戦でドボンなし設定にして、一試合ずつやってみるだけでこんな状況になります。

まずは咲ちゃんを使って、むっきーかおりん歩を相手にやってみると。
20本場とか、80符ドラ12の15飜とか、強いとかそういうレベルじゃありません。
1位になるのが当然であり、他家の点を全員マイナスにするぐらい朝飯前なのです。
まあこれは、相手として選んだのが、あまり強くない人たち(むっきー……)だったからではないのかな?
部長はちゃんと、わかりやすい強さの人を相手にしよう……。

などと思って部長で始めた自分だったのですが。

相手に不足ない部長ときたら、この有様である。

36hit

「私が入ったらみんなトンじゃうでしょ」
「言ってんさ……げぇ本当にやりよった」

すでにパーピンが来るだけで三色確定の配牌もアレなんだけど。
能力の関係で、待ちの形がなんだろうがテンパイすると超高確率であがれるので、もしかしたらこのゲームで一番強いのは部長なのかもしんない。

っていうかこの二人は、麻雀じゃなくて何か別のゲームをやっているな。

|

« 4月20日の怪談レストランのレイコちゃんの感想 | トップページ | 5月4日の怪談レストランの感想 »