« 世界樹の迷宮3は70で引退してもレベルの上限が変わらないので三竜で絶望した! | トップページ | 咲ポのプレイ状況 »

2010年4月21日 (水)

4月20日の怪談レストランのレイコちゃんの感想

前菜ではレイコとアコの肝試しがあって。メインディッシュでは、夫を亡くした悲しみから立ち直れない未亡人(アコ)を心配して世話を焼き、あわよくば自分が(ry……なんでもありません)という近所の女性役をレイコちゃんが演じていましたので。
詰まるところ、今回は軽くレイコちゃん回だったわけです。

レイアコで肝試しをやるってことは先週の予告ですでにわかっていたので、この二人、そろそろ不可抗力で結婚を前提としたお付き合いでもしてくれないだろうか? などと、視聴前から淡すぎる期待を抱いていたのですが、先週今週と、なんだかレイコちゃんの謎がまた一段と深くなった気がしますぞ?

先週のレイコちゃんといえば、色恋談義に花を咲かせている女子(アコ含む)の話を離れたところから密かに聞いてて、何か行動を起こしそうだと思ったら結末は不明だったりした他、ショウくんの体験談という可能性を含ませたお話で出てきた学校わらしという存在の中に、レイコちゃんらしき人物が描かれていて人外疑惑を匂わせたりとか……(まあこれは恐らくスタッフの遊び心だと思いますが)。

そんなレイコちゃん。今週の前菜では、珍しく誰かと下校しているなと思ったら、ショウくんに対して「ショウくんのビデオコレクション、今度見せてくれる?(語尾は正確には聞き取れず)」と言っておりました。
これは一瞬と言ってもいいぐらいの瑣末な場面ではあるのですが、とはいえこれまでのレイコちゃんは、アコに関係しない用件でショウくんに絡む場面などさっぱりなかったと自分は記憶しているので、これだけでも自分の目にはだいぶ珍しく映ってしまうのです。
そんなわけで、もしや人物設定がこっそり変わってしまったのだろうか? ならばアコとはこれから普通のライバル関係になってしまうのだろうか? もはやレイアコの二人が一緒の墓に入る可能性などなくなってしまったのだろうか……? などと、ほんのり怪談クラスの恐怖を感じていると。
肝試しの場面でレイコちゃんはみんなと一緒には来ておらず、いつも通り先回りしてどこかに潜伏。そして一人で奥に行かされて怖がっているアコの前に亡霊のように姿を現して、一緒に行ってあげるという策士ぶりを披露。
怖がるアコが背中にべったりくっついているという状況であっても、以前のようにレイコちゃんが狼狽していなかったのはきっと、すべてが計画通りだから心構えができていた、ということなんでしょう。
しかしいくら幽霊などを信じないスタンスだからといって、暗くなった墓地のすぐ近くで、アコの番が来るまでずっと一人っきりで隠れているとか。
さすがレイコちゃん! 本心を隠す努力は惜しまないぜ……!
(でもちょっとぐらいは素直になったほうがいいかと思う!)

そんな彼女のオカルト的な言動のせいで、自分はいまだその性質を確定できていないわけなんですけれども。
レイコ→アコってのは恐らく99%間違いないかと思うんだけど(1%でも外れる可能性を残しているってのは便利な表現だよね99%って)、非科学的なものに対するレイコちゃんのスタンスに変化がほとんど見られないことから考えるに、それぞれのお話には厳密につながりがあるわけじゃなさそうだし、いつかレイアコの設定まわりがリセットされてしまいそうな気がしないでもしませんで。
いやあ、まさかね……。

だって今回だけでもレイコちゃんは、まだまだアコラブ道を突き進んでいるんだもの。余裕で黒帯だよね。
だからきっと、いずれアコがひょんなことからレイコちゃんの本心を知ってしまう出来事があった暁には、恥ずかしさのあまり刺々しい態度をとるレイコちゃんのことを「なんだ、結構かわいいんだ」とか思い始めちゃったアコが、ちょっと冷たい彼女の手を積極的に握ったりして、それまでとは逆の感じでアコの方がからかいながら関係を深めていく二人の縁談レストランが始まるんだよね!
そしたらちょっと番組名変わっちゃうし!!!

そして最終回近くになったら失恋レストランになります。
ネェ マスター ラスト・オーダーは 失恋までのフルコース

すいませんちょっと疲れてるんです。

|

« 世界樹の迷宮3は70で引退してもレベルの上限が変わらないので三竜で絶望した! | トップページ | 咲ポのプレイ状況 »