« あれだけ出番がなけりゃアコちゃんだって心配するわ | トップページ | CHPのシナリオモードをクリア »

2010年1月 2日 (土)

カルネージハートポータブルすごくいいです

十数年ぶりにカルネージハートをやりたくなり、そういえばPSPで新作が出ていたなと思い出し、ネットにてその評判を調べてみると絶賛の嵐。

え……カルネージハートってそんなに面白かったっけ……。

カルネージハートというのは極めて特殊な内容のゲームであり、多くのユーザーに受け入れられるゲームでは決して無いので、まあ、合う人限定の評判ではあるのでしょうが、「いくら評判が良かったとしても絶対売れないでしょコレ」という尖りきった内容が逆に、合う人にとってはたまらないわけなのですね。このゲームでしかその楽しさを得られないわけです。
そのゲーム内容といえば、
小難しいプログラム的なものを組んだあとは、地味な戦闘シーンを見てるだけ!
いくら評判が良かったとしても絶対売れないでしょコレ、っていう。
大事なことなので二回書きました。

そんなニッチなゲームだからか店に出た数は少ないようで、今ではそう簡単には手に入らないらしく、ニッチな物が平気で置いてあるAmazonでも新品は扱っておらず。
いろんな店を回ってみる体力気力は自分には無いので、ゲームアーカイブスで配信されているPS時代のカルネージハートで妥協しようかなぁと思っていたところ、件の最新作はダウンロード購入が可能であるとの情報を得る。
ダウンロード版といえば箱やUMDといった現物は手に入らないものの、価格は安く、読み込みの音もしないので、あくまで遊ぶことを重視するなら断然そちらのほうがいいという性質のもの。
評判もいいことだし、ここはぜひ最新作を遊びたいところだったので、箱などがなくてもまあいいかと妥協して、コンビニにてプレイステーションネットワークチケットを4000円分(1000円と3000円)買ってきて、早速ダウンロードしましたのです。
ダウンロード版は3800円だったのです。
XBOX360のMSP(ポイントx1.5=購入金額)で感覚が狂っていると、購入金額がそのままポイントになるPSのチケットがえらく良心的に思えてしまうな……。
っていうかときメモ2がディスク入れ替え不要になって600円って実際かなり安いと思うのです。4と甲乙つけがたいところではありますが、やはり今やっても2はとても良いデキですので。
ちなみにアインハンダーにも惹かれております。

さて、そんなこんなでPSPの「Carnage Heart Portable」をダウンロードしたわけです。

現在プロローグゲーム(チュートリアル)のミッションをすべてクリアしたところ。
昔とった杵柄という程ではないのですが、最低限の動きをするソフトウェアを適当に組んで、距離などの微調整をしつつ、とりあえずはサクサクッと進められました。

うおおカルネージハートってこんなに面白かったっけ……!

チュートリアル時点ではロード時間が皆無に等しいことと、戦闘シーンのスピーディさが相まったテンポのよさで、ゲーム内容の自由度を昔のよりもさらに好きに楽しめる感じがあるので、どんだけ趣味のロボを作ってやろうかというワクワク感が激しくてたまらないわけで。
もうね、ロボ達がどれだけダメな動きをしていてもそれは自分がそうしたせいであってですね、まぬけな動きが愛しくてたまらないのですよ。

楽しめる人は思いっきり限られるけれど、尖ったゲームが好きな自分にゃたまんねーです。

|

« あれだけ出番がなけりゃアコちゃんだって心配するわ | トップページ | CHPのシナリオモードをクリア »