« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の6件の記事

2010年1月29日 (金)

戦場のヴァルキュリア2は敵の迎撃で敵がやられることがあることを利用して中ボスも倒せたりするけどそんなせこいことしないでちゃんと勝とうぜ

戦場のヴァルキュリア2が面白くて他の趣味などがまったくできない日々を送っております。

ターン制SRPGをだいぶ崩したようなシステムと、偏った部隊構成でもやり方次第でどうにかなるバランスがとくにお気に入りでして、いくら強化したところで簡単になりすぎることはないという成長要素もキャラに愛着がわく程度には役立っているし、これだけSRPGに熱中するのはいったい何年ぶりだろうか。

移動と照準にちょっとばかしアクション要素が入っているのであまりSRPGって印象もないのだけれど、限られた行動回数のなかで、様々な兵種や、同一ターン同一キャラ複数回行動(行動する度に移動力が下がっていく)などのシステムを駆使してクリア条件を満たしていくというのは、まるでカードゲームをやっているかのような錯覚を起こすこともある。
オプションで敵ターンを早めればテンポもいいので、全体的にすごくやりやすいし、ロード時間含めこれといった欠点もないので遊びやすい。

レベルが兵科ごとに共通となっているので、キャラを育てるというよりは部隊を育てるという感じかもしれない。
自分好みの装備にできる一両の戦車(装甲車)と、数十人いるなかから好きなキャラを選んで部隊を構成して、部隊名をつけて戦車名をつけて……。
育成要素は弱いから部隊を作ったあとはそんなにやることがないはずなのに、ミッションをクリアすること自体が妙に楽しかったりするのはアクション要素のおかげだったりするのかな。
ミッションで素材と設計図を手に入れての武器開発や、部隊名の前後につける名前の収集や、勲章など、収集要素はそれなりにありますけどね。
あとはあれかな、各キャラがそこそこ喋ったりするから賑やかで楽しいとか。

まあそんなわけで、いろいろといい塩梅のゲームなんですけれども。

移動がアクションということで、移動中に敵の射程内に入るとリアルタイムで攻撃される迎撃というシステムがあるのです。
それを利用して、敵を挟んでわざと迎撃され続けると、挟まれた敵のHPがモリモリ削られていくという裏技チックな小ネタがあるのです。
とはいえ射線上に味方がいる場合は基本的には攻撃を止めてしまうのですが、軸が若干ずれるだけで再開されます。
こちらに弾が当たらない状況では撃ってこないというだけのことなので、当然こちらもダメージを受け続けることになりますので、有効に使おうと思うとあまり使いどころのないものではあるのですが。
CP(行動回数)を節約したいときとボスが相手のときは、ダメージ以外のリスクがなく、うまくやれば劇的な効果が期待できますので、知っていると、とてもずるいです。

それを初めて使ったのはバルドレンの初戦でした。
バルドレンは驚異的な移動力と攻撃力を持ってこちらの拠点に突撃してくる恐ろしいボスでした。
先に倒してしまおうと攻撃するもことごとく回避され、こちらの戦車は一撃で破壊され。
バルドレンの撃破はクリア条件ではなかったので、逃げながらクリアするミッションだったのでしょうが、どうにか倒せないものかとやっていると、ひょんなことから、こちらに背を向けたバルドレンを挟む形で、敵の機関銃座の迎撃が始まったのです。
バルドレンの視界には入っていないため、奴からの迎撃はありません。
流れ弾でこちらのHPも削られていきますが、バルドレンに当たる分が圧倒的に多く。まともにやりあえばどれだけ行動回数を使うことになるかわからない相手のHPが、モリモリ削られていくではありませんか。
そしてついに、奴のHPはごくわずかに。
とどめぐらいは自分でやろうと、攻撃してみるも倒しきれず。
主役級のメガネが反撃にて瀕死にされました。
その後、いろいろあって瀕死者は9人ほどに。
わずかな油断が、これほどの被害を生んでしまうとは。
下手に手を出さず、最後まで敵の機関銃座に任せておけばよかった……。
そんなまぬけな大ピンチを迎えた2ターン目。CPは残り1となり、これで倒せなければもうダメだ、という状況で半ばヤケクソになって、回避されることを前提として足元を狙った攻撃にて、見事に回避はされたものの狙い通り攻撃は当たり、どうにか奴を倒すことに成功したのでした。
めでたしめでたし。

コゼットなどが覚えるノーダメージという能力が敵陣近くで発動すれば、完全にノーリスクでこれができたりするのだろうか。

|

2010年1月19日 (火)

ひさしぶりの怪談レストランの感想のようなもの

ようやく怪談レストランが再開されましたですよ!
何週ぶりなんだ? 六週……だと……。
今回はお話的には不作だったかなーという印象ながらも、放送されただけで妙な安堵感があるのでよろしかったです。それにしてもよく人が死ぬアニメだ。

今回はまったく出番がないだろうと諦めていたレイコちゃんが、しっかり出てきたのは大変意外なことでありました。
前回のレイコちゃんは風邪をこじらせたままで終わったので、放送がお休みの間はきっとずっと学校を休んでいたのだろうから(七週間ぐらい?)、その間アコに会えなかったのがよっぽど淋しかったのか、今回はキャラ紹介どおりといった突っかかり方をしてきましたぞ。

いつものように一緒に帰りながら話をしているショウ君とアコに「またわけのわからない話?」と後ろから割り込んできて、「私が科学的な分析をしてあげるから、話してごらんなさいよ」と見下すような態度でアコに寄り、非科学的なことは信じないというスタンスを表明しながらも
「くっだらないwwwドッペルゲンガーのほうがまだましねwww」と非科学的な名前を持ち出すレイコちゃん(すごく嬉しそう)。
しかしレイコちゃんは別にドッペルゲンガーを信じているわけではなく、ショウ君とアコがそういう話が好きだから調べてみたそうなのです。
一般的な作品であれば、わざわざ調べたみたのはショウ君目当てだから、という解釈になるところだろうけど、レイコちゃんがショウ君に興味がないことはこれまでのお話を観た限りでは確定的なので、つまりはアコのために調べたというのが自然な解釈になるわけです。
怪談話が好きなショウ君とばかり一緒にいるアコの占有率を高くしたいからそれ系の知識を仕入れているだなんて……。
そんなにアコラブなら、もう、憑依されたふりしてちゅーしてしまうといいよ。

そんな出来事があった前菜では、オチもレイコちゃんが担当でして。
アコちゃん絶体絶命の大ピンチ! というところで。

レイコちゃんは下校途中、しつこく周りを飛び回るハエが鬱陶しかったので、トートバッグを振り回して追っ払おうとしたら、たまたま通りがかった人魂にバッグの一撃が当たって、飛ばされたその人魂が、なぜか道路に座り込んでいるアコのほうに向かっていって、そのすぐあとに、なぜか感極まっているアコに抱きつかれて、レイコちゃんが赤くなりました、というオチだった。
風が吹けば桶屋がもうかる!
アコの代わりに危うくレイコちゃんが嬉死するところだったぜ。

それにしても、人魂を、トートバッグで……。

|

2010年1月11日 (月)

CHPのラスティネールとジェイラー

PSPでときめきメモリアル2と、カルネージハートポータブルと、アインハンダーをダウンロードしてしばらく経ったいま思ったのですが。

ダウンロード版だとディスクを交換する手間がないから起動するのが楽でいい。
でもダウンロードしたソフトが多くなってくると、自分がいま何のソフトを持っているのか忘れてしまうかもしれない、と思うほどに、その存在感は薄めであるので。
新作ソフトがディスク版とダウンロード版のどちらも出た場合、管理のしやすい有形するか、快適な無形するかは、なかなか悩ましいところですな。

それはさておき。
カルネージハートポータブルの話です。

徐々に改良しているシナリオモードのラスティネールもそこそこ強くなってきたようで。
バトルモードにてハードウェアを強いものに取り替える(カノンを185mmから215mmにしたりする)だけで、確率は100%ではないものの、プレミアムバトルの全ての敵に勝てるぐらいにはなったようです。
CPUをいいものにするだけで、ずいぶんと動きが違うもんだ……。

あと、高速で動ける裏技のようなものがあると知って情報を求めていたのですが。
それらの情報を参考に一機作ってみたところ。
先日のラスティネールでろくに攻撃が当たりもしなかった、電撃杯2位のアラクネーに勝てるジェイラーが完成したようです。
ソフトウェアはたった4×4の格闘専用ジェイラー。
とても簡単な作りなのに、強くなったはずの自作ラスティネールがボコボコにされて泣ける。

そんな自作ラスティネールとジェイラーを、需要がなくても置いときますね。
「CHPYN02.CHP」をダウンロード

|

2010年1月 9日 (土)

たまには咲で百合語ってみる

ぼちぼちと新しいアニメも始まってまいりましたが、去年からやっている怪談レストランはまだまだお休みでございます。
再開は再来週とのことですが。
まったく、年末年始を挟んだからとかそんなチャチなもんじゃねえぜ……。

それはさておき咲-Saki-の話なんですけどね。
ときどき、部長×和っていいな……とかもじもじしながら想像したりするんですが、そんなことを思ってるのは自分だけなのかなあ? と同意を求めるふりをしてみる。
というわけで、自分の脳内でどんな部×和が繰り広げられているのかを語ってみますとですね。

個人的にはどうしたって咲×和は揺るがないのですが(左右はどっちでもいいです)、のどっちって作中の序盤では咲に対してツンデレ風味だったと思うのです。
初めて芽生えた熱情をライバル意識と混同してきつく冷たく当たってしまう。
自己の戸惑いに無自覚な和は、相手を屈服させることで気持ちを整理しようとするが……いつしか彼女の純粋な笑顔に惹かれている自らの未熟な想いに気付いてしまい――
みたいな。
これはこれでいいのどっちだったと思うのですが、ただ、このツン期はあまりにも短い。
ツン期が始まって約二話でデレ期に突入という。
さすがのどっち、速すぎる。
誰もその速さについていけない――!

そんなのどっちですが、回想シーンで部長に猛抗議している場面があったことを覚えている人類もいらっしゃるかと思います。
「今の打ち方を続けるというのなら退部してください!」ガミガミ!
っていう場面。
わざと間違えたけど、だいたい合ってるから正史でいいよね。
部長って自分好みの美少女が近くにいたらすぐさまちょっかいを出してみたくなる性分なんじゃないかと思わなくもありませんで、さらには、素直に好意を表現するタイプでもないような気がするのです。
追われるのが好きなタイプ、とか。
だから気になる子にはついつい変なこと言っちゃうわ! みたいな。

サファイ(ry

というか一面として、好きな子が嫌がることを進んでしちゃう低学歴男子……もとい小学生男子(幼卒!)のようなところがあるんじゃないかなーと。
え、そんな一面あるの? あるのかな……いや自信ないけど。
あまりにも仲睦まじい咲と和を見ては諦念を抱きつつも、ときどき静かな焼きもちを焼いては和が嫌がることをしてガミガミされて喜んで、とか。
つまり部長というのは、のどっちのツンを一手に引き受けることができる稀有な存在である気がするのです、ということです。
ところで、のどっちが嫌がることってなんでしょうか。
エトペンを部室のどこかに隠してみたりとか、エトペンを旧校舎の屋上から全力で投げ捨ててみたりとか、油性ペンでエトペンにヒゲを描いてみたりとか……。

抗議どころか平手打ちをくらいそうだ!

まあ、ありそうなのはやっぱり言葉でからかうってところでしょうかね。
咲との仲を過剰に冷やかして、必死に否定させてみたりとか。
理解しがたいことを言って、混乱させてみたりとか。

……。
ここまで語っておいて。
やっぱり部×和は無いかも……と思った私をゆるして欲しい。

でもでも、アニメ第20話(水着回)であった。
「あ、和の水着が見たいからー、とか?」
という台詞からは、なんとなく本心を感じられたような気がするんだ。
悟られないだろう状況を隠れ蓑にして、素直な気持ちをほんのちょこっと口にして。

ごめんなに言ってるかよくわからない。という苦情は思念通話にて随時受け付けます。

|

2010年1月 5日 (火)

CHPのシナリオモードをクリア

カルネージハートポータブルはシナリオモードをやっていたのですが。
ラスティネールをひたすらいじって、あとの機体は囮が主な役割で。
右に三回ジャンプしたあと左に三回ジャンプする。以下ループ。
なんて感じの頭の悪い機体を用意するだけでも案外クリアできるものなんですね、と自分で驚きつつシナリオモードをクリアしましたので、次の段階として、バトルモードはプレミアムバトルを全勝利したのです。
ただしラスティネールだけじゃなく、いくつかはその場しのぎの機体を作ったりもしました。
全機生存勝利の証である金星を取れていないものも半数ぐらいはあるのですが、プレミアムバトルに勝つことで手に入る機体はすべて揃ったということで、これからがこのゲームの本当の始まりであります。

勝利など、比較的どうでもよいことなのです。
どうせ全プレイヤーの頂点に立つことなど、自分にはできっこないのですから。
このゲームは勝利だけが目的ではありませんので、自分にしか作れないロボというものが理想として存在します。
これからは、ただひたすらストイックに、趣味の世界が広がっていくわけです。

とはいえ、自分が作ったものがどれだけ戦えるものなのかは、少しは気になるもので。
このゲームは他のプレイヤーが作ったロボのデータと戦わせられる機能がついているので、一度はやってみようと、大会で優勝したらしいロボのデータを公式サイトからダウンロードしてみたわけですよ。

このとき、他人のデータを使って対戦させる方法、の情報が足りなかったもので、少々戸惑ったのですが、CHPデータをダウンロードして対戦させるためにはまず準備が必要だったのです。
データをどうこうするまえに、まずはバトルモードにてデータ搬入→対戦用データ搬入と選んで、対戦データ用のディレクトリを作成しておく必要がありまして。
その操作でメモリースティックのなかに作成された、PSP→SAVEDATA→「ULJM05138CARRY」ディレクトリのなかに、ダウンロードしたCHPデータを入れればバトルモードでデータの搬入ができるようになるということでした。

いや、わかんねえよそんな手順……。
ダウンロード版だから説明書ついてないし。
(説明書はソフトのおまけみたいな形ではついてくるけど、読みやすいサイズにして読むと画面に収まりきらないし、ロード時間かかるしで読みにくい……)

えー、というわけでシナリオモードで自分がいじってきたラスティネール(ハードはそのまま)をですね、対戦させてみた結果なんですが。
まさに秒殺というか、ひどい虐殺だった。
このよにかみなんていないんだ。

電撃杯のベスト4機体の二体とですね、それぞれやってみたわけなんですけどね。
三位のバジリスクx3には普通に圧倒されてですね。
二位のアラクネーx3にはなんと二発ぐらいしか攻撃を当てられなかったという。

回避と同時に攻撃するジャンプ射撃ってあんなに強力なのか……。
ターゲットロック関連のチップはほとんど使ってないからなぁ。

あまりにも差がありすぎるので、もしかしたら相手が一体でも全滅させられるかも……と思って、アラクネーを一体にして三対一でやってみたところ、まあさすがに勝てたものの、数がこれだけ有利な状態でようやくギリギリ勝てるという有様だったわけで。
たった一体でこれだけの強さか……。

勝つのは無理ぽ。
自分は趣味に走ろう。

こんなんですが一応自分のラスティネールのデータ置いときますね。
「CHPYN01.CHP」をダウンロード

シナリオモードって機体の構成こそ固定ですけど、ソフトウェアに関しては何周も使いまわして改良を重ねていけるので、最初からやっても「つよくてニューゲーム」って感じで楽しいですね。

|

2010年1月 2日 (土)

カルネージハートポータブルすごくいいです

十数年ぶりにカルネージハートをやりたくなり、そういえばPSPで新作が出ていたなと思い出し、ネットにてその評判を調べてみると絶賛の嵐。

え……カルネージハートってそんなに面白かったっけ……。

カルネージハートというのは極めて特殊な内容のゲームであり、多くのユーザーに受け入れられるゲームでは決して無いので、まあ、合う人限定の評判ではあるのでしょうが、「いくら評判が良かったとしても絶対売れないでしょコレ」という尖りきった内容が逆に、合う人にとってはたまらないわけなのですね。このゲームでしかその楽しさを得られないわけです。
そのゲーム内容といえば、
小難しいプログラム的なものを組んだあとは、地味な戦闘シーンを見てるだけ!
いくら評判が良かったとしても絶対売れないでしょコレ、っていう。
大事なことなので二回書きました。

そんなニッチなゲームだからか店に出た数は少ないようで、今ではそう簡単には手に入らないらしく、ニッチな物が平気で置いてあるAmazonでも新品は扱っておらず。
いろんな店を回ってみる体力気力は自分には無いので、ゲームアーカイブスで配信されているPS時代のカルネージハートで妥協しようかなぁと思っていたところ、件の最新作はダウンロード購入が可能であるとの情報を得る。
ダウンロード版といえば箱やUMDといった現物は手に入らないものの、価格は安く、読み込みの音もしないので、あくまで遊ぶことを重視するなら断然そちらのほうがいいという性質のもの。
評判もいいことだし、ここはぜひ最新作を遊びたいところだったので、箱などがなくてもまあいいかと妥協して、コンビニにてプレイステーションネットワークチケットを4000円分(1000円と3000円)買ってきて、早速ダウンロードしましたのです。
ダウンロード版は3800円だったのです。
XBOX360のMSP(ポイントx1.5=購入金額)で感覚が狂っていると、購入金額がそのままポイントになるPSのチケットがえらく良心的に思えてしまうな……。
っていうかときメモ2がディスク入れ替え不要になって600円って実際かなり安いと思うのです。4と甲乙つけがたいところではありますが、やはり今やっても2はとても良いデキですので。
ちなみにアインハンダーにも惹かれております。

さて、そんなこんなでPSPの「Carnage Heart Portable」をダウンロードしたわけです。

現在プロローグゲーム(チュートリアル)のミッションをすべてクリアしたところ。
昔とった杵柄という程ではないのですが、最低限の動きをするソフトウェアを適当に組んで、距離などの微調整をしつつ、とりあえずはサクサクッと進められました。

うおおカルネージハートってこんなに面白かったっけ……!

チュートリアル時点ではロード時間が皆無に等しいことと、戦闘シーンのスピーディさが相まったテンポのよさで、ゲーム内容の自由度を昔のよりもさらに好きに楽しめる感じがあるので、どんだけ趣味のロボを作ってやろうかというワクワク感が激しくてたまらないわけで。
もうね、ロボ達がどれだけダメな動きをしていてもそれは自分がそうしたせいであってですね、まぬけな動きが愛しくてたまらないのですよ。

楽しめる人は思いっきり限られるけれど、尖ったゲームが好きな自分にゃたまんねーです。

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »