« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の4件の記事

2009年10月23日 (金)

京太郎って幼なじみじゃないの……( ´・ω・`)?

咲-Saki-の京太郎が原作では咲の幼なじみじゃないってことにたいへん今さらながら気がつきました。
幼なじみではない。「中学で同じクラス」だっただけ……!
原作1巻の始めのほうにその記述があったんだけど、なんでだろう、今までずっと幼なじみだと思ってた。
幼なじみという言葉は辞書によれば「幼い時に親しみ馴れていたこと。また、その人」とあるから、この「幼い時」の範囲を広げて解釈すれば中学からの関係でも幼なじみにあたるのかもしれないけれど、いやあ、中学からじゃどうかなあ。それに、それだと和とタコスも幼なじみになってしまう。

ふたりの関係は原作にちゃんと書かれていたというのにどうして勘違いしてしまったのか。設定の理解は基本的に原作からするようにしているのに……と不思議に思って、あるかどうかもわからない情報元を探してみると、アニメ版公式サイトの登場人物紹介で京太郎の紹介文のところに「幼なじみの咲を」とはっきり書かれていた。
ぬ、アニメ版が知識元だったとは……。

比較的どうでもいいようなことだけれども、実は原作とアニメと比べてさりげなく大幅に設定が変えられている箇所だったりするのかもしれない。
もしかしたらアニメ原作ともに自分が今回参照した部分以外でいろいろと情報が出ていたかもしれないので、「原作では中学から一緒」「アニメでは幼なじみ」っていう設定が統合されるような場面があったかもしれないけれど、そもそも京太郎って追加情報が出てくるほど出番ないし。

よくよく考えてみれば、咲が(最低でも6歳まで)麻雀やってたことを知らないのだからそんなに古くからの付き合いとも思えず、だからといって中学から仲良くなった中学生男子のことを咲のような子が名前の一部+ちゃん付けで呼ぶようなことがあるのだろうかと少々不可解に思う。
同級生の世話を甲斐甲斐しく焼いてしまう押しかけ女房系おっとりお姉ちゃんキャラだったならともかく。

実は京太郎って中学時代は女性の体で、改名前の名前は京子だったりするとか……。
は、ないだろうなと思うけど、けっこう謎の人な気がする京太郎の話でした。

|

2009年10月18日 (日)

ストレンジジャーニーNルートクリア

真・女神転生ストレンジジャーニーをニュートラルルートでクリア。
最終メンバーは以下の通り。

シヴァ:
ジハード 不屈の闘志 勝利の雄叫び
狂気の粉砕 物理ブースタ 物理ハイブースタ

ラクシャーサ:
狂気の粉砕 冥界破 物理ブースタ
物理ハイブースタ 物理無効 氷結無効

ウンディーネ:
ジハード メシアライザー 勝利の雄叫び
物理吸収 身体異常無効 精神異常無効

ラスボスは二周目以降のために、倒したあともできるだけその能力を知っておこうと何度も戦ったけど、主人公とシヴァがレベル99というのはさすがに鍛えすぎたのか、複数回物理攻撃のキス・マーが集中的に当たって主人公がやられた初回以外は一切苦戦することもなく、いとも容易くエンディングへの流れを何度も体験したのでありました。
主人公には物理耐性のある防具をつけたらキス・マーも怖くなかったし。
ラクシャーサとウンディーネのレベルは69だったけど、ラスボス戦は一撃だけ耐えられる耐久力がありさえすればあとは毎ターンメディアラハンかメシアライザーを使っておけばやられることはまずないので、まあ、優秀なアタッカーが一体いればあとは飾りみたいな。

注意するのは特定スタンスの全悪魔強制送還技と魅了系の状態異状、それと破魔・呪殺系の一撃死ぐらいかな。でもいずれも頻繁に使ってくるものではないようだから、それらの技を見ないで終わる可能性も高いと思われるのであまり考慮する必要はないと思った。

それにしても狂気の粉砕の威力はやばすぎるな。
この物理スキルだけで一回戦は3ターン程度で勝ててしまう。
二回戦はボスに物理反射が付いているようなので物理スキルは役に立たないけど、二回戦のボスの耐性は途中で変化するようなので、ギボアイズを頼りに物理が通るようになったと判断されたターンに、シヴァの狂気の粉砕を使ったら3000ほどのダメージを与えて終了。
一発1000程度とはいえ複数回攻撃で三発出たから3000なんだけど。3000とか……。
初見のボスではやられることもしばしばというバランスのゲームでも、物理が通る相手なら狂気の粉砕さえあれば大抵どうにかなってしまうというわりと大雑把なバランスだったりもするようで、育ててない邪龍ニーズホッグが使った狂気の粉砕が、中ボスに1000以上のダメージを与えた場面を見たときにはもう笑うしかなかった。
魔力の高い仲魔がダイン系魔法で相手の弱点を突いても相当なダメージを叩きだせるだろうとは思うんだけど、いやあ、3000は出ないよなあ。

|

2009年10月17日 (土)

ストレンジジャーニーのスキル変化について

真・女神転生ストレンジジャーニーでは仲魔がレベルアップしたときにその所有スキルを変化させられるときがあるが、どんなスキルに変化するかは指定できない。
実用的でないスキルになってしまうことも多く、変化させることをためらってしまう人も多いと思われるが、スキル変化というのはときどき上位スキルに変化することもあるという噂。ならば有効に使えばきっと役立ってくれるはず。

というわけで最低クラスのスキルからいったいどこまでいけるのかを試してみたいと思ったのだけど、複数のスキルを持っている悪魔だと変化するスキルが分散して上位スキルになるのが遅くなってしまうと考えたので、とりあえずはスキルをひとつしか持っていないエアロスとアーシーズのスキルをランクアップさせることにした。
精霊なら最後は合体で御魂にすれば最高クラスのスキルをデビルソースを使わずふたつも引き継げるかもしれないし。

やあ、これはいいアイデアですね!
と意気揚々としてスキルを変化させていたのだが、三回ほど変化させたところでエアロスもアーシーズも変化が止まってしまった。
いろいろと試してみたところ回数の問題ではなく、どうやら「変化しないスキル」が存在するようで、そのスキルになった途端、変化は完全に止まってしまった。
主に注意すべきなのは物理系スキルで、あとはその分野の最上位クラスと思われるものは止まるっぽいかな。もちろん例外もありマス。

以下、サブアプリのダブルダウンを付けた状態でレベルを上げても変化しなかったスキル。
これらのスキルに気をつけて、変化するスキルになったときのみ毎回悪魔全書に登録し、失敗したときにはその登録データからやり直していけばいずれは超有用スキルになってくれることでしょう。

[変化が止まってしまうスキル一覧(ごく一部です)]
ピーターパイパー
成仏の拳
毒針
牙折り
夢見針
吸血
魅了突き
魂捧げの夜伽
切なさ乱れ撃ち
アイスブレス
メガトンプレス
真理の雷
奥義一閃
狂気の暴虐
永眠への誘い
ラプラスの魔
テトラカーン
アボイドスリーパ
不屈の闘志
混沌の海
ベノンザッパー
大冷界
火炎無効
氷結無効
疾風無効
呪殺無効
ジハード
雄叫び
自爆
静寂の祈り

[個人的に意外だったが変化するスキル]
大切断
八百万針
猛反撃
麻痺引っ掻き
○○耐性すべて?
○○ブースタすべて?
トリスアギオン
殺風激
食いしばり
勝利の雄叫び
メシアライザー
至高の魔弾
冥界破
ラスタキャンディ
天扇弓

ところで、ダブルダウンの説明「仲魔がほぼ必ずスキル変化を起こすようになる」の「ほぼ」って部分がすごく気になってたんだけど、この「ほぼ」の意味ってもしかしたら「ただし変化しないスキルを除く」なのかもしれない。
変化しないらしきスキルは何度レベルを上げても変化しなかったのに、変化するとわかっているスキルは毎回必ず変化したから。
つまり「ほぼ」と言いつつ実は100%変化するのではないかなーと。

そんなわけで半端にメモを書きながらスキル変化を進めていったわけなんだけど。
とりあえずアーシーズのジオがジハードまでいった。
それはお前には過ぎた力……!
ソースをよこせ! オレはシヴァになるんだ!
で、スキルがひとつしかないということはデビルソースをもらった際にはそのスキルが必ずボーナススキルとして追加されることになるわけで、スキル変化を使いこなせば貴重なスキルが取り放題ということかな!

以下、スキル一個持ちアーシーズのパス三つ。
ジハードと勝利の雄叫びの組み合わせは雑魚戦のバランスを完全に壊すので注意。

[LV38 精霊アーシーズ 99920マッカ]
メシアライザー
NひせWしりかつUんわをUJをを
ろんYBやしゆをDPりZやんJT

[LV39 精霊アーシーズ 102418マッカ]
勝利の雄叫び
RCつNSとBNせはるUさWせE
PくなよKBつNとKわZせEまな

[LV40 精霊アーシーズ 105038マッカ]
ジハード
そLんNのろへにLMHZSPへあ
JてQまこてQあえむWあはるへZ

|

2009年10月12日 (月)

真・女神転生センチメ(ry ストレンジジャーニーが楽しくて生きるのが辛い

真・女神転生ストレンジジャーニー。久方ぶりに2Dライク3Dダンジョンに戻ったこの女神転生はマップを埋めるのが楽しすぎる。
いちいち画面を切り替えなくてもマップと戦闘中の敵情報が一目でわかる下画面の使い方がスマートで非常にいいねえ……。

自分の進み具合としては、現在デルファイナス(D)のダンジョンのボスに挑もうというところで、レベルは45。
たぶん上げすぎだと思うんだけど、レベルを上げて高レベルの仲魔を充実させていく楽しみをさんざん味わったあとで、圧倒的な力でボスを蹂躙する楽しみを味わえるというのはまさに極上の戯れコンボなのですよ。
まったく、ボス部屋の直前に回復とセーブポイントなどを置いておくからこういった心無いプレイヤーがひたすらレベル上げをしちゃうんじゃないか。ハハッ、ダークベストを装備してあるから主人公にはハマもムドも効かないぜ。せいぜい無駄な悪あがきでもして楽しませてくれよなぁ大将!
などと油断していると、気になるあのコの意外なしぐさ(スキル)にコロっと悩殺もとい虐殺されるのがこれ系ゲームの通例なわけですが、無論、だからこそ倒し甲斐があるというもの。自分にとってボス戦というものは、ダンジョン最後に打ち上げる大きな一発の花火のようなものなのです。
相手の死地に赴くのが楽しみでならない。

ストレンジジャーニーは未知の世界に入り込んでしまったというSF的な世界観ということで「調べる」ということが重要な要素になっているようだけど、最初はモヤモヤしてて姿すらわからない敵も戦闘を繰り返していくごとに初回は名前と姿、次は耐性、次はスキルと、戦っていくだけで段々と能力が明らかになっていくところが面倒なくていいなー。
同じ敵との戦闘を重ねるのがそもそも面倒だという場合には、その悪魔を仲魔にするだけでも必要な情報はすべて埋まってしまうようなので、交渉もしくはひたすら悪魔合体を繰り返すことでも自然に情報が集まっていくという、手段を選べるところも好みだわ。

戦闘の難易度としてはそこそこ高めのようだけど、弱点を突かれてもなかなか死に直結しないところは近頃の女神転生系ゲームに比べると易しいかもしれない。
こちらが攻撃する際にはデビルCO-OPという新システムがあるので敵の弱点を突けば強力な追加攻撃を行えるようになってるけど、こちらの弱点を突かれた場合にはそのようなペナルティはなくただダメージが増えるだけなので、今回は仲魔の弱点はあまり気にしなくていいのかも?
まあ、もしかしたらデビルCO-OPを使ってくる敵もいるのかもしれないけど、そんな敵がいたら物理と破魔呪殺以外のすべてが弱点である珍獣イナバシロウサギなんてどうすりゃいいんだか。さすがは鮫を騙したことを騙した直後に自ら暴露してその罰として赤裸に剥かれたマヌケな兎。脆弱性の塊みたいなオタンコアニマルだな!
似たような弱耐性でも銃が弱点でない外道スライムのほうがまだマシなんじゃないか?

■■■

真・女神転生3やペルソナシリーズとは悪魔合体のスキル継承手順が異なっているようで。
どうやら悪魔のみでする普通の合体の場合は引き継がれるスキルが何らかの法則によって固定されているようなので、これまでの作品のように決定とキャンセルを長々と繰り返す必要はなし、というかできない。
ただし、仲良くなった仲魔がレベルアップしたときにもらえるデビルソースというものを使用した場合にはスキル継承にランダム性が生じる。
ストレンジジャーニーでのスキル継承はこのデビルソースによるものが大きいようで、合体の際にそれを使用するとデビルソースごとに設定されたスキルが引き継がれることになる。
精霊合体や御魂合体といった合体の法則はこれまでの作品と同じようなので、たとえばお気に入りの仲魔がパーティ内にすでにいたとしてそれの所持スキルが気に入らないという場合には、悪魔の種類を変えずに合体できる御魂合体を利用して、さらにデビルソースを利用することによってスキルをある程度自由に付け替えていくことができるわけだ。
すでに持っているスキルは合体時に上書きされることもあるので、御魂合体とデビルソースで好きなスキルを一つか二つ覚えさせてスキル枠が埋まってしまっても、さらに御魂合体を行うことによっていらないスキルを好きなスキルで上書き、といったことも可能なよう。
デビルソースは貴重品ではあるけれど、好みのスキルを持った仲魔はこれまでの作品よりも作りやすいかもしれない。

さらにストレンジジャーニーでは、育てた仲魔を悪魔全書に登録するとパスワードが出力できて、それを他のプレイヤーが入力すると全く同じ悪魔を呼び出すことができるという機能が付いているので、自分が作った仲魔をパスワードでさらすことができる模様。
というわけで上記の御魂合体でいじってみたハト姉のパスワードです。

[パス]
きTAみBJをUみとをUるEゆよ
つたたSすLよいともすNBJをC

[能力]
LV11 女神ハトホル(2267マッカ)
マハガル 物理耐性 銃耐性
メディラマ メギド マハラギ

すごく強いとかじゃないけど、序盤に使うには便利かもしれない。
すべての枠を好きなスキルで埋めるには決定アンドキャンセルに相当な時間がかかるかなーと思っていたら、御魂を買う金とデビルソースさえあればわりと楽にスキル変更ができてしまうことがわかった。
強力なスキルだと引継ぎ率は下がるかもしれないけど、一気にではなくひとつひとつ引き継いでいけることが大きいなー。

それにしても、戦闘グラフィックが完全に2Dになったことで悪魔を増やす際の手間が3Dよりもかからなくなったからか、悪魔は膨大な数になっているようで作っても作っても悪魔全書の登録率が半分もいかなくて嬉しい悲鳴!

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »