« 咲-Saki-第24話『夏祭り』の感想 | トップページ | るいてんてーと魅杏とメガネ »

2009年9月24日 (木)

サガ2秘宝伝説GODの購入とクリアした感想

買いましたクリアしました。
あいだ端折りすぎだろう……。

DSのリメイク版『サガ2 秘宝伝説』をクリアしたけど、よくぞまあこれだけ新規ユーザーに媚びない内容のまま出したもんだわ。GB版が好きだった自分としては新規の人が手を出して火傷した様がありありと眼に浮かぶ。
当時のシステムやマップなど、骨となる部分はすべて同じで、肉こそ3Dになっているものの追加要素は味付け程度。当時楽しめた人は全くといっていいほど戸惑うことなく再プレイを楽しめる作りになっている。
逆に言えば、当時楽しめなかった人にはまず無理だろうってぐらいそのままリメイクされているので、見た目は3Dになってだいぶ変わっているものの、なんだか赤ずきんちゃんの気ぐるみを着た狼って感じがする。今時の娘だと思ってうっかり手を出すと間違いなく喰われる。

そんなわけで新規の人が楽しめるかどうかはあやしいものの、しかし今やって楽しめなくても手放さずにずっと持っていれば、きっといずれは魅力を理解できるときが来るのではないかなぁと思う。当時の自分がそうだったから。
GB版のサガ2を買って、本当に楽しんでプレイできたのは買って数年後だったような記憶がぼんやりとあるので。独特のシステムと雰囲気を楽しむには順応するための時間が必要だったのかもしれない。
まさか今の時代にそんな尖ったゲームが再度発売されるとはね……。
たとえば親子なんかは、親と子で同じような形で触れることになるかもしれないと思うと、感慨深いリメイクだなぁとか思ったりもする。

まあ独特のシステムっていっても別に細かいわけでもなく、わりとシンプルだったりする。
主には、プレイヤーキャラは戦闘で使った武器に応じたステータスがときどき上昇するということ。それと、武器には耐久力が設定されているため一定回数使うと壊れてしまう。ってぐらいなもの。
あとはゲーム開始時に、人間、エスパー、メカ、モンスターという、成長方法や能力に特徴のある四種族のなかから四人選んでパーティを組んだ時点でゲームバランスが必然的に変化するので、それに合わせたやり方をしていくのがポイントって感じだろうか。シンプルながらも熱中できるのはこの辺りがいい具合にかみ合っているからに他ならない。
その他、リメイク版で追加された要素はいくつかあるけれど、それらは全く気にしなくても進める程度の影響力なので面倒なら放っておけばいい。バランスが厳しいと思ったら連携と武器熟練度(人間限定)を気にして育てればいいって感じ。

グラフィックも結構よろしいかと。
キャラの見た目は種族性別ごとに四種類用意されていて、さらに色も四種類から選ぶことができるのでどの見た目も気に入らないとかは起こりにくいはず。
武器にはそれぞれ違うグラフィックが用意されているので新しく入手した武器は持たせてみたくなる。レオパルト2って戦車だったんだーとか認識の違いも少々。
マップは当時のものをそのまま3Dにしたような感じなので、当時の形と宝箱の位置を覚えていると進行が早い。後半はよく覚えてないけど、前半はそのまんまな気がする。
フィールドでは画面切り替え後のカメラがどっちを向いているのかが少しわかりづらくて戸惑ったりもしたが、下画面に表示されている地図がどんどん使いやすくなっていったので移動に関してのストレスはほとんどなかった。敵シンボルを避けていけばエンカウントもなくなるし、全体的にテンポは良好。
テンポといえば戦闘演出の早送りは早送りっていうかスキップで、攻撃からダメージまでの流れを完全に省略する。効果音がなくなるので寂しいが、Bボタンでいつでも切り替えができるので便利。下画面で敵味方の行動順がわかるようになっているので、敵の行動だけ省略ということもできる。

目玉の一つでもある音楽は、当時のものをそのまま使うと3Dグラフィックのゲームには合わないんじゃないかと思っていたけれど、ちゃんと3D向けに絶妙にアレンジされているので、仮にこれが新作であって「そのために作られた曲だ」と言われても違和感がないぐらい良いデキとなっている。もちろん好みの問題はあるだろうけど。

バランス的には、ボスのHPが高くなってるかなーという印象はあるものの、それに関してはパーティを少し鍛えれば特に苦戦するような感じではなかった。自分の場合は育て過ぎもあるけど。
ただ、ラスボスだけは明らかに強化されてて笑った。
それまでは鍛えたパーティの攻撃力でゴリ押ししてきたので、どうせラスボスもゴリ押しできるんだろうなーと油断していたら何度やっても倒せないとか。
結局は装備の相性と回復のタイミングが重要だっただけで強すぎるってほどじゃなかったんだけど、しっかり準備しないと勝てないというのもなかなか乙なもので。
ラスボス戦のあまりの展開には思わず笑ってしまえるかと思うので、ラスボスとの初めてはネットなどで情報を得ないでそのまま挑むことをオススメします。直前のセーブは忘れずに。

ちなみに今回のパーティは、人間、エスパー、モンスター、メカでした。
人間はHPと力と素早さMAX。エスパーはHPと魔力と素早さMAX。
モンスターはブラックプリンの変異種。メカは適当。

追記:
以下、参考までにクリア時の装備。

[人間]
エクスカリバー
いやしの杖
魂の勾玉
関羽の鎧
竜鱗の小手
サークレット
孔明の靴

[エスパー]
いやしの杖
サイコブラスト
サイコブラスト
ヒール
呪いの眼
ドラゴンアーマー
源氏の小手
サークレット

[モンスター(ブラックプリン変異種)]
スライムタッチ
ヒール
さわると毒
毒霧
不意打ち
○武器
○ダメージ
○マヒ/毒

[メカ]
グングニルの槍
フルケアの書
フルケアの書
猫の爪
猫の爪
パワードスーツ
パワードスーツ
○マヒ/毒

|

« 咲-Saki-第24話『夏祭り』の感想 | トップページ | るいてんてーと魅杏とメガネ »