« 咲-Saki-第20話『姉妹』の感想 | トップページ | 吉夢か悪夢かドリームクラブ »

2009年8月25日 (火)

咲-Saki-第21話『追想』の感想

■ ついに個人戦が始まり各々が入る対局室を確認する清澄の人々。
部長「私は対局室Bか」
のど「私はEです」
まこ「わしは爺じゃ」
文字にしてみると台詞の作りに違和感がなかった。

■ 個人戦は東風戦の20連戦とあって、タコスの鞄には戦闘用の食用タコスがいっぱい。
そんなタコスに「咲ちゃん、食うか?」と食用タコスを勧められた咲であったが、(咲は飲み食いしたものが全て尿として排出されてしまう特殊体質のため、トイレが近くなることを恐れて)遠慮する。
という設定を考えたんだけど、誰か使いませんか。

■ 個人戦でもアナウンサーとカツ丼さんのコンビは健在なのか。
衣が出ていないことでやる気800%減のカツ丼さんは、絶対途中で帰ると思うよ。
解説プロっていうかもう解脱プロだよね。意味わかんないけど。

■ 和「三人とも私をマークしている。でも、私は揺れません」
(※ただし無駄な脂肪は揺れます)

■ まこさんの久方ぶりの勇姿が! やっぱり完全な脇役相手だと強いですね。
アガリ宣言を最初聞いたときには「ツモ! レンホー赤4000オールじゃ!」って聞こえてびっくりしたけど(何さりげなく役満あがってんの!? とか思って)。そしたらメンホン赤だったのね。そりゃそうだ。そもそもレンホーはツモあがりするもんじゃないし、役満だったら赤も関係ないし。

■ なんか咲がポケーっとしている。漏らしちゃいけないという緊張感がないと気合が入らないのだろうか。でもこっちのほうが可愛いかもしれない。
普段はドジッ娘。しっかり者の嫁がいる。女装すると男の娘のよう。
麻雀では自在にカンして嶺上開花。シスコンお漏らしおとなしい。
くっ……なんというハイスペック……。

■ えーと……佳織×透華か。
なんというか、組み合わせの時点でネタ臭がしてたけど、透華さんはうっかり過ぎる。
「みっつずつ」から「ふたつずつ」と並べ方が変わる佳織を意識していながらも、「ひとつずつ」の並べ方に警戒していないとか。
それにしても。国士無双は七対子よりも特殊な形の役だから、一局の初めから狙っていないとまずできない役だと思うんだけど、団体戦の時点では四暗刻の名前すら知らなかったかおりんが、それほど時間の経っていない個人戦の時点でそんな特殊な役を覚えているとは考えにくいなーとか思った。でもネタとしては面白かったので良かったと思う。試合後の流れも良かったね。
試合後、ともきーが透華に対して「使えない子状態」と罵ったけど、団体戦のときに透華に言われた「なんて使えない子なのかしら!」を根に持ってたりするのかしら。
物静かな人物はいつのまにかその内に黒いモノを溜め込んでいたりするから恐ろしいね……。
必死で慰めるはじめちゃんと、それに乗じてからかう純パパもいい感じだったー。

■ むっきーの体験談により新キャラの性質がちょっとだけ明らかに。
「初めは動きがなかったんですが。気が付いたら南入してて、あっという間に連続で直撃されて……。それ以来、調子が出ないんです」
ツキを吸い取るとか、かな?
お互いポニーテールだし、たまたま馬が合わなかったのかもれないね。もとい相性が悪かったのかもしれないね。
ところで東風戦でも南場に突入することがあるってことはネット麻雀やってて初めて知ったよ。
東4局終了時に誰も一定以上の点数に達していない場合は続行、というルールらしく、特に珍しくもないようでわりとよく見かける状態だったりする。始めはバグかと思ったね。

■ 休憩時間にみんなでお昼の清澄。
和はどうも咲の様子がおかしいことを前回のラストあたりから気にしているような気がする。とはいえ前回のは関係ないかもしれないけど。
どんな問題を抱えてようがやっぱりそろそろちゅーのひとつでもしてあげたほうが元気になるんじゃありませんかね。
それか、こう、勝ったらなんでも言うこと聞いてあげますよ、みたいなごほうびとか。そしてなにをしてもらおうか悩む咲の代わりに自分のしたいことを押し通すというか押し倒すのどっち!

■ 清澄の部長と風越のキャプテン。不倶戴天の関係にある二人がついに直接対決!
ここで負けても本選には進めるからと、勝つこだわりを捨てるかに思われたキャプテンだったが、そのとき不意に後輩たちの激励が思い出されると美穂子の心は熱く燃えあがって必殺の開眼。その目の色を見てようやくそれが誰かを思い出した久部長。やっとだよ!
過去の想いを振り切るように力強く牌を切って決別の意思を固めるキャプテン。過去の女ではなくチームを選んだ美穂子に敵はいないとばかりに逆転劇は幕を閉じる。
そして二人の関係は草原に吹く風のように爽やかな終わりを迎えたのだった……と思ったら、「また会えるじゃない。忘れたの? 明日も私たちは一緒に打つのよ」と口説き文句を忘れない部長。
思わず意識してしまい、顔を赤らめるキャプテン。
はい、再び部長のキープリストに入りましたー。
一度捕まえた美少女は決して逃がさない。部長は悪い女だぜ……。

■ 新キャラはまた南場までもつれさせたのか。どうやら南に何かあるようだ。
もしやMMRもびっくりのオカルトっぷりを発揮していたりするのだろうか。
南場まで場を流す能力と、南場になった途端にツキがよくなる能力?
南場になったらツイている。
南場になったら憑いている……。
わかった、新キャラは幽霊だったんだよ!
な、南だってー!

っていうか次回予告のオッサン誰ですか!?

|

« 咲-Saki-第20話『姉妹』の感想 | トップページ | 吉夢か悪夢かドリームクラブ »