« 咲-Saki-第13話『微熱』の感想 | トップページ | 咲-Saki-第14話『存在』の感想 »

2009年7月 1日 (水)

返ってきたXBOX360とホストガールのお肉

修理に出していたXBOX360が返ってきた。
送ったのは本体のみ。本体のみ送れとのことだったので、ACアダプターなどは送らなかった。
同封されていた修理報告書には、メイン基板とサブ基板が交換されたと書いてあった。
RRoDだったので料金は無料。
ドライブなどは変わっていないようなので本体から発せられる騒音に違いは感じられないが、中身は恐らく改良されて安定動作するようになっていることだろう。

壊れやすいと評判のXBOX360ではあるが、故障したときの症状がRRoDであれば購入から三年間は無償修理を受けられるというのは対応としてはなかなかのものだと思う。
おまけとして一ヶ月分のゴールドメンバーシップも付いてきたし。
なんやかんや言っても総合的には良いハードってことでいいのかな?
あとは国内向けのソフトがもっと出ればなぁ……というかロロナ……。

PS3も気になるソフトがぽつぽつと出てきているので欲しい気持ちも徐々に強くなってはいるのだが、大きく場所をとる据え置きハードを増やすことは、狭い部屋では抵抗がある。
だから個人的にはマイクロソフトとソニーには合併してもらって、PS360を作っていただきたい。
ほら、PS3までは一緒だし、その名前ならばソニーとしても抵抗はないはずだ。
しかし、RRoDとソニータイマーも同時に合併してしまったらどうしよう。
保証期間を一日過ぎたら壊れるという、時限式RRoDシステムが完成してしまったなら……!

まあいずれにしてもありえないことでしょうがね。

さてさて。
XBOX360が返ってきたので、ちょうど壊れた時期に配信されて観ることができなかったドリームクラブの映像でもダウンロードしてみましょうか。
というわけで片っ端からダウンロード。大きい方から順に視聴。

Oh...なまにく。
なんという揺れだ……通報しなくていいのかこれ……。
やはりこのゲームの魅力は肉だ。
肉こそすべて。肉こそ最強。三食お肉。お肉デェス。
圧倒的な脂肪の存在感!
それが彼女たちホストガールの価値を数倍にまで高めている!

そんなホストガールの中に、ひときわ目立って幼い風貌の娘がいる。
ペッタンというほどではないけれど、他と比べれば明らかに足りない。
そうだ。揺れるものが足りないのだ。
このゲームに限ってはグラマー美人じゃなければお呼びじゃねーからなぁと思いつつ、せっかくダウンロードしたのだからと、あくまでもついでのつもりで再生してみたのだが……。

「トントントンお料理するの♪ じょおずにできるかなっ?」

(しばらくお待ちください)

せせせ雪雪雪!!!
セっちゃんぅぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!
教育番組で流れるようなあどけないお歌を歌う愛らしい声!
スカートのスリットからチラチラ覗くコケティッシュなそのお肉!
俺のピュアな心を煉獄の炎に堕として焦がすニンフェット。
なんという破壊力。彼女はいくつなんだ。観るんじゃなかった。
観るだけで警察に自首したくなる映像を観たのは初めてだ。

うむ……。
ゲームとしては期待できなさそうだからなぁと購入を渋っていた自分なのだが、セっちゃん目当てに買ってしまうのかもしれない……。

XBOX360はお試し版でやったバーチャロンも面白いし、結局のところXBOX360だろうがPS3だろうが、どちらか一方だけ持っている場合にはもう一方のハードのソフトが羨ましく見えてしまうということなんだろうなぁ。
隣の芝生は青く見える――とは違うか。

|

« 咲-Saki-第13話『微熱』の感想 | トップページ | 咲-Saki-第14話『存在』の感想 »