« 返ってきたXBOX360とホストガールのお肉 | トップページ | 咲-Saki-第15話『魔物』の感想 »

2009年7月 6日 (月)

咲-Saki-第14話『存在』の感想

賛辞を贈るこのときめきは紛うことなき畏敬の念!

今回は完全にモモが主人公であり、鶴賀の面々が主役だった。
そして透華さんは見事にかませ犬。いいかませっぷりだったぞ。それでこそ透華さんだ。
モモの声は可愛いですなぁ。この辺りは好みの問題だろうけど、静かに喋った斎藤桃子のちょっとハスキー気味な声色は儚げな感じがよく出ていていい感じだと思うんだ。
「ここからは、ステルスモモの、独壇場っすよ」の言い方もよかったし、この場面がAパート終了のタイミングに配置されていたというのもよかった。

原作をそのまま再現してしまうとわずかな時間であっさり終わってしまいそうなところを(原作があっさりしているという意味ではない)、絶妙な改変を加えてモモとかじゅの馴れ初めをしっとり魅せて一話ほぼ丸々モモ回にするという妙技を披露した浦畑氏はさすが百合アニメ脚本の大家であると。やはり決めるべきところでは外さないな。
脚本だけじゃなくて絵コンテとか演出とかもよかったんだろうけど、詳しいことはよくわからないのでとりあえずは脚本のおかげ、ということにしておこう。
作画もよかったね。モモと一が特に可愛いかったわ。
麻雀をほとんどやっていないときの話のデキが特にいいと感じられるアニメ版Sakiは、もう麻雀をやらなくてもいいのかもしれないね。大将戦は裏でちびちび進めつつ、メインは各百合ップルの短編連作という感じで……いや、これはさすがに横暴か。

ところで、むっきーの台詞で「つか、強制表示モードですか?」というものがあったけど、普段「うむ」とか「む…」とか言っちゃう基本お堅い口調のむっきーに「つか、」は合ってないんじゃないかなーと思ったが、これはまあ、元々がとてもお堅い口調っぽいむっきーは普段できるだけ親しみやすい口調にしようと自分なりに精一杯がんばっている、という解釈でよろしいのではないかな?
それでたまに変なこと言っちゃったりして赤面するんだ。
気になる同級生(捏造)である佳織と仲良くなろうと積極的にコミュニケーションをとろうとするも、とった行動があまりにも自分のキャラに合ってなかったということを後になって自覚して、家の自室(和室)に戻ったあと思い出して布団にダイブして手足をバタバタさせて悶えたりするんだよ、きっと。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/02/01/001/
(キャラ違うよむっきーキャラ違うよ!)

現在ステルスモモよりも、主人公であるはずの咲のほうが断然ステルス状態だけど、どうやら次回で副将戦は終わって早くも大将戦に入る模様なので原村さんのマイスイートラバーコレクション(タイトル:自信に満ち溢れた素敵な宮永さん)録画タイムが始まりますね。

それにしても、やはりハイペースだなぁ。
アニメ版は県予選の団体戦を終わらせるところまでで終了すると仮定すると、15話で大将戦に突入ということは原作にある番外編をやったとしてもだいぶ話数が余りそうだ。仮に24話で終わるとしても次回終わってあと9話も残っている。
山場の大将戦とはいえそんなに長くはやらないだろうから、やっても5話ぐらいとしてそれでもまだ4話残っている。
短い話である各番外編で丸々一話使うとは考えにくいし、いったいどれだけオリジナルエピソードを入れる予定なんだろうか?
ちゅーぐらいしてもおかしくないけどなぁ。
もう百合ップルも出揃ったことですし、そろそろ一話に一回濡れ場をですね……。

|

« 返ってきたXBOX360とホストガールのお肉 | トップページ | 咲-Saki-第15話『魔物』の感想 »