« 「アナタはピュアな心をお持ちですか?」「はい、心身共にピュアなのでよろしくお願いします」「あ、ここはそういうところでは……」 | トップページ | カップ○ターめ »

2009年4月27日 (月)

咲-Saki-第4話『翻弄』の感想

前日に咲と絡ませた指を爽やかな早朝から青空の下でのどっちがしゃぶった……!
という場面は原作でもあったらしいのだが、単行本になった際マイルドな表現に修正されてしまった幻の場面である。それがどういうわけかアニメでは復活。
誰の技かは知らないが、とりあえずさすがは浦畑氏と言ったところか。

ただその代わりに、お昼のシーンで京太郎が和の嫁姿を妄想する場面で原作では咲が「ム…」と不機嫌になる描写があったけど、そこはアニメではカットされていた。まあそのほうが無難ではあるだろうが、「自分の嫁で妄想する奴に対して怒りを覚える咲」という描写だったかと思うので、個人的にはわかりやすいアレンジを加えてでも入れて欲しかったかなーなどと。
えっ、要らない? そうですか……。

今回、咲と和の前に初めて姿を現したカツ丼さん。原作ではこの先、とっても小さい子を捕まえて、嫌がるその子が恍惚状態になるまで悪戯をするという場面が用意されているというのに、咲たちといくつ離れているか知れないこの人は初対面にして短いスカートの和をまくるという暴挙に出る。
そんなカツ丼さんの「絶対天江衣に勝てないわ、貴方たち」という発言で弱気になってしまった咲。自信を失くした咲はこのまま戦えなくなってしまうのか? 否! 弱気の咲は和が叱る!
咲のために弁当を多めに作ってくるなど、心身ともに献身的にパートナーを支えるという良妻ぶりを早くも発揮している和。
順調に交際を続ける二人は次回、ついに初めての外泊! お泊り!

ところで、タコスが京太郎にパンチラというかたくし上げのパンモロを見せた場面で誰もが思ったであろう「Sakiの世界はパンツを穿いていないのが常識ではなかったのか?」という問題については、ちょっとネットで検索してみたところあれは麻雀的に考えてパイパ○チラだったという説がすでに提唱されているようで、それ以外には考えられなかった自分としても異論は無く。
まあつまりは、割れ目でポンだったと、いうことですな。

|

« 「アナタはピュアな心をお持ちですか?」「はい、心身共にピュアなのでよろしくお願いします」「あ、ここはそういうところでは……」 | トップページ | カップ○ターめ »