« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の2件の記事

2009年1月11日 (日)

掌編小説『空から女の子が振ってきた』

【降臨賞】空から女の子が降ってくるオリジナルの創作小説・漫画を募集します。
http://q.hatena.ne.jp/1231366704

という催し物が行われているようで。(リンク先はちょっと重いかもしれないので注意)
条件は「空から女の子が降ってくる」話であればなんでもよく、字数制限は200~1000字程度とのこと。
自分は時々見かけるこういったお題形式のものがわりと好きなので今までにも書いてみようとは思っていたんだけど、今回ようやく、参加するわけではないものの条件を守って書いてみた。……書いてみたんだけど。書きあがったところで、あ、これ「降る」じゃなくて「振る」だった、と漢字の違いに気付いたわけで……振るには降るの意味はないようだから条件からは外れてしまうわけで、条件を守って書くというルールで書いたのに結局何にもならなかったわ……。
ア、アホだ……どうしてこういうミスをするんだろう俺は……。
でも、せっかく書いたので……字数は986文字。

『空から女の子が振ってきた』

「あの、あなたとはお付き合いできません」

 突然部屋に現れた女の子に振られてしまった。
 告白した記憶なんてないのに。

「すみません、何の話でしょうか?」
「いえ……その……」

 口ごもる彼女の下半身は何故か半透明になっていて足は見えない。どうにか見えるスカートの先から床までには1m以上距離があるが、見たところそれほど身長は高くなさそうなのでそんなに足が長いとは考えにくい。どうやら彼女は足が見えないだけでなく、空中に浮いているようだ。

「……あなたとはお付き合いできません」
「そうですか。わかりました。ではお帰りください」

 用件は終わったはずなので、僕はやんわり冷たく帰れと促した。
 脈絡もなく二度もピュアハートを傷つけられたのだ。馬耳東風で有名な僕の機嫌だって悪くなる。

「は、はい……えっと……」

 しかし彼女は部屋の中をうろつきながらまごまごしている。

「まだ何か?」
「まだ、逝けないようです……」
「行けないとは、まだ用件が終わっていないということでしょうか?」

「用件というか……あの、私は幽霊なのですが」
「ですよね。浮いてますし」
「はい。それで、成仏できなくて困っているのです」
「未練があるのですか、それは大変ですね。僕でよければ相談に乗りましょうか?」

「実は……私は死亡する前はあなたのことが好きで好きでたまらなくて、常に物陰から見つめていたのです」
「ああ、そういえば時々見かけたような気がします。あなただったのですか」
「その気持ちが未練となって、この世にとどまってしまいまして……」
「なるほどなるほど」

「始めのうちはどうにかあなたを連れて逝けないものかと呪ってもみたのですが全く効果がなくて……」
「僕は知らないところで命を狙われていたわけですね」
「あなたが私のものにできないのなら、いっそ早く成仏してしまいたいと思って、あなたのことを諦めようと一方的に拒絶してみたのですが……」
「成仏できなかったと」
「はい」

「では、無理しないでずっと僕の傍にいることをお勧めします」
「……それはどういう意味でしょうか?」
「僕もあなたの容姿だけは好ましいと感じることができますので、あと70年ぐらい待っていただければきっと一緒に逝けると思いますよ」
「嬉しいです。待ちきれないので今すぐ死んでくれませんか?」
「それはお断りします」

 ――そんなわけで僕は、空から振ってきた女の子と一緒に暮らすことになったのだ。

|

2009年1月 8日 (木)

FE聖戦の系譜の異父兄妹について

※『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』のネタバレ注意!

あるブログのコメント欄でのやりとりの後、あるゲームについて少々語りたいことができたものの、返信としてコメント欄に書くには長くなりすぎて迷惑になりそうだったのでひとつの記事として書いてしまうことにした。特に重要なことでもないし……。
ここで語る『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』というのはスーパーファミコン時代のゲームであるが、2007年の1月からWiiのバーチャルコンソールでも配信されており現在でも入手可能なはずなので、これからやる予定の人はネタバレに注意して欲しい。

それでは、このゲームのストーリーに大きく関わってくる異父兄妹について少々語りたいと思う。記憶にある情報は薄れていてあまり頼りにならないため、主に公式ガイドブック(攻略本)を情報源とした。
聖戦の系譜のストーリーは親世代の前半と子世代の後半に分かれており、ここで話題にするのは主に前半のことである。

聖戦の系譜というゲームは神々の血というものが重要な要素となっており、いくつかのキャラはその直系という扱いで、例えば前半の主人公であるシグルドは聖戦士バルドの直系だったりする。
シグルドは城下町で出会ったディアドラという女性と結ばれて一子を設けるが、ディアドラはその後アルヴィスという男性の子供も二人産むことになってしまう。
実はこのディアドラとアルヴィスは、母を同じくする異父兄妹である。
二人の母シギュンは、まず魔法戦士ファラの直系であるヴェルトマー公爵との間にアルヴィスを設け、次に聖者ヘイムの直系であるクルト王子との間にディアドラを設けた。
シギュン自身はロプトの血というかつて世界を脅かした暗黒神に関する血を引く者であったので、その子供であるディアドラとアルヴィスは薄くではあるがロプトの血を引いてしまうことになった。そしてそんな二人が子供を作ることにより、二子のうち片方は暗黒教団の司祭マンフロイによって暗黒神降臨のために利用されてしまうこととなる。

先述した通りディアドラとアルヴィスにはロプトの血が混じっているが、強く受け継がれているのは以下の神々の血である。
ディアドラが受け継ぐのは聖者ヘイムの血。
アルヴィスが受け継ぐのは魔法戦士ファラの血。

神々の血を濃く受け継ぐ者は神々が用いていた伝説の武器を使う資格を有しており、聖剣ティルフィング、炎魔法ファラフレイム、地槍ゲイボルグなど、威力もさることながら装備するだけでもステータスに高いボーナス値を与えるという超強力な武器を使うことができる。
そんな伝説の武器の中でもストーリー上重要になってくるのが、ロプトの血を受け継ぐ者が使う闇魔法ロプトウスと、聖者ヘイムの血を受け継ぐ者が使う光魔法ナーガである。
ディアドラとアルヴィスの子供はユリウスとユリアという名で、ユリウスはロプトの血を濃く受け継いでおり、ユリアは聖者ヘイムの血を濃く受け継いでいるため、二人はそれぞれ違う武器を受け継ぐこととなる。
そして、相手の攻撃力を半減させる効果を持つ闇魔法ロプトウスは、光魔法ナーガを使うことでのみ無効化することができるため、最終的にはディアドラとアルヴィスの子供同士の戦いによって物語は幕を閉じることとなる。
つまりストーリーはディアドラとアルヴィスの系譜が肝になっており……おや? 主人公はどうした? って感じだけど、後半の主人公であるセリスはシグルドとディアドラの子供であり、後半すぐに仲間になるユリアと最初はお互い惹かれあっているものの、ユリアの親と同じくこれまた異父兄妹という関係であるため特別なやり方をしない限りは恋愛関係にならないという憎い関係が設定されている。
そのため、セリスとユリアは特別な関係を保ちながら、後半のヒロインはプレイヤー自身が選ぶことができるという素敵な仕様となっている。(このゲームはカップリングをプレイヤーが作れるようになっているので)

聖戦の系譜は、そんなドロドロした血縁関係が魅力的で大好きでした。

系譜

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »